この記事の所要時間: 235

トイレットペーパーホルダーの進化(笑)

最近、ふと思うことがあります。

突然ですが、トイレットペーパーホルダーについてのお話しです。

私が子供のころは、(?。いや、いつぐらいだったか、正直覚えていません。)
(覚えている方はいつ頃か教えて下さい。(笑))
トイレットペーパーホルダーは下記の写真の様なものでした。

トイレットペーパーホルダー

皆さんも覚えていますよね?

トイレットペーパーの芯の中に棒を通して、ホルダーに挟む感じのやつです。

これ、面倒でしたよね。^^;

その後、どう変わりましたか?

次はこんな感じでしたね。
(いまでも、見かけますね。)

トイレットペーパーホルダー

前のタイプに比べれば格段に便利ですよね。
いちいと芯の間に棒を挟まなくていいんですから。

パチッとワンタッチでトイレットペーパーをセットできます。

画期的なアイデアと言えるでしょう。

そして、今一番進んでいるタイプのものは下記ですね。

トイレットペーパーホルダー

引っ掛けるタイプのものですね。

最近ではよく見かけるようになりましたが、
これが一番てっとり速いですね。

しかもシンプルでデザインもいいし、
効率がいい。

・・・

・・・

・・・

でも、よく考えると、一番最後の最新のタイプのやつが、
一番思いつきやついような気がします。

昔はあんなに面倒だったのに・・・

こんな簡単で、シンプルで・・・

なぜ、引っ掛けるタイプのものを最初に思いつかなかったんだろう。。。?
物凄い単純で、シンプルで、誰もが思いつきそうなアイデア。。。
この引っ掛けるタイプのトイレットペーパーホルダーが世の中に登場したのは、つい最近の事ですからね。。。

まぁ、当然、今、この引っ掛けるタイプのものが存在するから、
私も、「なぜ、最初から引っ掛けるタイプが世の中にでなかったのだろう?」と思っているのでしょうがね。^^;

要するに、トイレットペーパーホルダーが発明され、
一番古いタイプのものが世の中に広まり、
世の中の人々はそれに感謝し、そして、それで満足し、更なる変化、進化を求めなかった。
なので、長い間、トイレットペーパーホルダーは、”あんなにも効率の悪い”スタイルであり続けたのだろう。
私が何が言いたいのかというと・・・

世の中にはこのような、

”消費者から現状に満足され、進化が止まっているもの”

言わば、ガラパゴス状態のものやサービスが、

まだまだ、数多くあるであろう。

と、言いたい。
皆さん、どう思います?

例えば、
ごますり機械。
これね。

ゴマすり機

自分が小さい時から、
形が変わっていない。

これ、そろそろ、進化してもいいのでは?
と思います。

果たしてこれが最終形態のゴマすり機なのか?・・・
以上です^^

皆さんも何かガラパゴス状態のものやサービスを思いついたら共有してください!

 

西村太郎

P.S

Facebookも更新しています^^
友だち申請大歓迎!
お気軽にご申請下さい。
http://www.facebook.com/seojapan/