「分析」カテゴリーの記事一覧

今日のピックアップ記事

1れんかんずほう連関図法

連関図法とは、品質管理(QC、Quality Control)における「QC七つ道具」といわれる課題、問題解決のための一手法である。関連図法は、ある事象や結果に対する要因や原因、手段などとの因果関係を矢印で結びつけ、整理し可視化することで問題解決または目的達成のための必要な手段を導き出すための図である。まず問題、課題を用紙などの中央に配置、記載し、それをもたらす第一次原因、要因をリストアップし中央の問題、課題の周辺に記載し矢印で結ぶ。次に第一次原因、要因をもたらす二次的な原因、要因をリストアップし、第一次原因、要因の周辺に配置して、因果関係を矢印で結ぶ。この動作を繰り返し原因、要因が出尽くすまで繰り返し問題、課題に対しての要因を整理する。 […続き]

今日のピックアップ記事

2れんかんず連関図

連関図とは、そのものを構成する要素の相互関係を示した図のことをいう。例えば、品質管理(QC、Quality Control)(における「QC七つ道具」のうちの「関連図法」に用いられる関連図が上げられる。関連図法は、ある事象や結果をもたらした要因や原因、手段などの関係を整理し因果関係を矢印で結びつけ、ネットワーク状に整理し、構造を可視化することで問題解決または目的達成のための必要な手段を導き出すための図である。また、IT用語では例えばRDBにおける、テーブル、エンティティ間の関連を示したER図(Entity... […続き]

今日のピックアップ記事

3あみめず網目図

網目図とは、複数の要素を階層状に分類して各要素の関連性を表す図解。網目図では、図の縦方向は要素の方向性を表し、図の横方向は各要素の関連性を線で結ぶことにより、要素同士の相互関係を視覚的に表し、各要素の分析などが行える。要素同士の相互関係の視覚化に用いる図解には、円の交差や配置から関係を表す「円交差図」、グループごとの分布位置や性質を表す「二軸法図解(ポートフォリオ図)」、縦と横に要素を配置した交差表である「マトリックス図」、相互関連がある要素の交差箇所にダイヤモンドのカット面のような印を付ける「ダイヤモンド図解」がある。 […続き]

今日のピックアップ記事

4かくさんずかい拡散図解

拡散図解(hierarchical chart)とは、ある項目について、それに関連する事柄をツリー状に記してゆき、その事柄の構造や成り立ちなどを図解にて細分化してゆく手法のことである。企業や団体などの組織図などを示す際に用いられる。たとえば、とある企業の一番上には取締役会が位置し、その直下に代表取締役、その下に取締役を配置する、そこから営業部1、営業部2、法務部、経理部などを列挙していくような図解である。組織図であれば、どの部署がどの管轄下にあるかが一目で認識できるようになっているため企業紹介に使用されたり、企業のホームページなどに掲載されていたりする。 […続き]

人気キーワードランキング 2019/03/27

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。