IT用語「累進課税方式」を解説!

専用ライターによる解説

 るいしんかぜいほうしき累進課税方式

累進課税方式とは、課税対象の所得の額が大きいほど、高い税率を課す課税方式のこと。累進課税方式には、「超過累進課税方式」と「単純累進課税方式」の二種類がある。超過累進課税方式は、課税対象所得が一定額以上の場合に、その一定額を超えた部分に高い税率を課す課税方式。単純累進課税方式は課税対象税所得が一定額以上になった場合に、その課税所得全体に対して高い税率を課す方式である。日本では、超過累進課税方式を採用している。単純累進課税方式は税率によって所得金額が他の所得層と逆転してしまう可能性があるが、超過累進課税方式ではこれは発生しない。累進課税に対して、所得が少ないほど税率が高くなる方式を逆進税という。

「累進課税方式」の画像検索結果

「累進課税方式」のYOUTUBE検索結果

「累進課税方式」のニュース検索結果

「累進課税方式」のTwitter結果

楽天市場のおすすめ商品

人気キーワードランキング

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。