IT用語「統合Windows認証」を解説!

専用ライターによる解説

 とうごううぃんどうずにんしょう統合Windows認証

統合Windows認証とは、Microsoft社のInternet ExplorerとWebサーバの接続時に利用可能なデータを暗号化したユーザー認証方式。基本認証ではユーザー名とパスワードを必要とするが、送受信時にデータの暗号化がされないため、データの不正操作が簡単に行なえてしまう。統合Windows認証は、Windowsユーザアカウント情報が認証に用いられ、データを暗号化して送受信するため安全性が高い認証方式である。この認証方式は、Microsoft社のInternet ExplorerやInternet Information Serverでの利用に限られる。

「統合Windows認証」の画像検索結果

「統合Windows認証」のYOUTUBE検索結果

「統合Windows認証」のニュース検索結果

「統合Windows認証」のTwitter結果

楽天市場のおすすめ商品

人気キーワードランキング

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。