IT用語「連結納税」を解説!

専用ライターによる解説

 れんけつのうぜい連結納税

連結納税とは、持ち株会社によるグループ企業集団や、親会社子会社など、1つの単位、会社として化される法人税のことである。この場合、親会社、子会社の関係は100%子会社である必要があり、その子会社は国内にあることが必要で、国外の子会社は適用外となる。また、連結納税適用直前の個別申告では、一定の資産を時価評価する必要がある。黒字子会社と赤字子会社を通算しキャッシュフロー拡大が期待できるまた、親子会社間の取引は税務上相殺することができ、また、子会社の設立や事業部門の分社化が実施しやすいなどのメリットがあげられる。連結納税が可能なのは法人税のみであり消費税や地方税などは個々の会社毎に申告する。

「連結納税」の画像検索結果

「連結納税」のYOUTUBE検索結果

「連結納税」のニュース検索結果

「連結納税」のTwitter結果

楽天市場のおすすめ商品

人気キーワードランキング

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。