「通信」カテゴリーの記事一覧

今日のピックアップ記事

1ふくそう輻輳

電話回線やネットワーク回線において、回線が混雑して通話や送受信が困難になる状態のこと。輻輳は、利用者のアクセスが特定の回線に集中して、大量のトラフィックが流れ、回線処理の許容量を超えることによって生じる。輻輳が発生すると、通話が途切れたり通信不能になったりする。この事態を、回線がパンクすると表現されることがある。大災害が発生した際や、元旦のあいさつ、チケットの予約などの際に、同時に数多くの人がアクセスしたりする場合に、発生する事が多い。輻輳の発生時や事前に、回線を制限している旨のメッセージによって、これ以上回線に接続しないように通信制限をする。 […続き]

今日のピックアップ記事

2ゆうせん有線

有線とは、金属線などのケーブルでつなげ合わせる通信する方式。無線の対義語。電波を受信できる範囲ではどこでも通信が行える無線通信に比べ、有線での通信はケーブルが届く範囲内での通信に限られ、利用端末が増えるほどハブなどの集線装置の設置が必要になるが、データ通信時に外部からの干渉などの影響が少なく、安定した通信が行える。無線通信において、電波が届く範囲で複数の端末が電波共有をすることで通信速度が下がってしまう。それに比べ、有線通信であれば有線分の端末のみが共有するため一定の通信速度を保てるというメリットがある。 […続き]

今日のピックアップ記事

3めいわくめーる迷惑メール

「迷惑メール(spam)」とは、相手が同意していないのに、営利目的に無差別に大量に勝手に送りつける電子メールのことを言う。Web上のホームページなどからメールアドレスを集めて、インターネットは費用が掛からないために大量に送りつける。迷惑メールはアダルトサイトへの誘いや架空の請求、フィッシング詐欺などを目的として多くのトラブルが起きている。また携帯電話の電子メールについても、迷惑メールが大量に送りつけられることもあり社会問題化したが、現在は利用者が希望しない送信先からは電子メールを受けないサービスも提供されている。 […続き]

今日のピックアップ記事

4むりょうつうわぶん無料通話分

「無料通話分」とは、携帯電話に於いて一定部分の通話料やパケット通信料が基本料金に組み込まれ、無料で通話や通信ができる時間やデーター量を言う。携帯料金の料金プランは通話時間や通信料に応じた従量課金が基本であるが、月額の料金プランでは初めに一定部分の通話や通信ができる無料通話分が設けられているプランが多くなっている。基本料金が高いプランは、無料通話分が多く月額基本料金に組み入れられているため、無料通話部分が多く、基本料金が安いプランは逆に無料通話部分が少なくなっている。また無料通話を使いきれないユーザーもいるために、翌月に繰り越したり、家族で分け合えるサービスもある。 […続き]

      人気キーワードランキング 2019/03/27

      は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

      国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。