IT用語「縮退運転」を解説!

専用ライターによる解説

 しゅくたいうんてん縮退運転

縮退運転とは、システム障害が発生した場合に限り、性能を落としたり機能を制限したりしつつシステムを稼動し続けることである。また、利用したいシステムが使えない場合に、代替となるものに切り替える事も縮退運転と呼ぶ。インターネット通信や無線通信では、しばしば回線状況が悪化して、従来のスピードで通信が行えないケースがある。条件が悪化した場合に、自動的に低速モードで通信を繋ぎ、サービスを継続して利用する時も縮退運転と呼ぶ。また、ソフトウェア等の分野でも、不具合が生じた時に自動的に代替方法に切り替えることを、縮退運転と呼ぶ。別名に、フォールバック(fallback)とも呼ばれる。

「縮退運転」の画像検索結果

「縮退運転」のYOUTUBE検索結果

「縮退運転」のニュース検索結果

「縮退運転」のTwitter結果

楽天市場のおすすめ商品

人気キーワードランキング

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。