「デジタル」カテゴリーの記事一覧

今日のピックアップ記事

1ろしゅつ露出

ここで言う露出とは、写真撮影時にレンズに光を受ける事すなわち露光を意味する。撮影結果の品質は、レンズの明るさ、レンズの絞り、露光時間、焦点距離、被写体や周辺の明るさ、感光素子性能などに大きく左右される。技術革新に伴い最近のカメラは、対称被写体までの距離、被写体及び背景など周辺の明るさを測定することで、自動フォーカス機能、自動露出機能を搭載している。また、被写体や背景などの色調なども設定できる機能が採用されている。種々の自動設定機能を組み合わせる事によって、特に専門的な知識がなくても、希望するさまざまな写真品質を容易に得ることが可能になっている。 […続き]

今日のピックアップ記事

2ろしゅつほせい露出補正

露出補正とは、写真撮影時に最適な露光設定を行うことである。最近のカメラは絞りとシャッター速度を自動的に露出値(Exposure Value)と呼ぶ数値に合わせる設定機能が装備されているが、場合によっては自動的な設定では必ずしも撮影者の意図した描写に沿わないことがある。そのような場合には被写体・背景・周囲の明るさなどに応じて、絞りや露光時間をマニュアルで最適な露出補正することになる。自動露出というのは、被写体から反射された光をカメラのレンズを通して受光し、その光量計測の結果を用いて標準的な露出値を設定する仕組みであるが、撮影対象の色などによっては反射光測定方式では自動的な補正に対応限界があり、露出補正機能が不可欠となる。 […続き]

今日のピックアップ記事

3りょうしかびっとすう量子化ビット数

量子化ビット数とは、アナログ信号をデジタル信号の量子化処理時に、何段階で信号の量子化を行なうかを示す数値。サンプリングビット数ともいう。量子化ビット数の値が大きいほど、変換したデジタル信号が元のアナログ信号との誤差が少なく、精度の高いものが得られるが、量子化の回数が増えるため、変換後のデータ情報も増加する。量子化ビット数が8ビットでは0~256の256段階の値、16ビットでは0~65536の65536段階で値での表現でき、ビット数が大きい方が、元のデータ情報の再現性が忠実に行なえる。音楽CDは16ビットまで対応。 […続き]

今日のピックアップ記事

4りょうしか量子化

量子化とは、連続する量を離散値で表すことや、その離散的な値を近似して表示すること。アナログ信号をデジタル信号へ変換し、コンピュータでデータの処理が行えるようにする際に量子化が行われる。音、光などの変化を連続的に計測するには、コンピュータで処理できる信号に変換する必要がある。計測の際、一定間隔でアナログ信号を測定して、信号の振幅を離散的な近似値で表す。量子化では、アナログ信号からデジタル信号への変換器によって、「量子化ビット数」という信号を何段階で表すかの数値が異なる。量子化ビット数の値が大きいほど、元のアナログ信号との誤差が少ない。 […続き]

        人気キーワードランキング 2019/03/27

        は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

        国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。