IT用語「有効画素数」を解説!

専用ライターによる解説

 ゆうこうがそすう有効画素数

有効画素数とは、デジタルカメラなどで写真を実際に撮影するために用いられる画素の総数。有効画素数は、カメラに内蔵されているイメージセンサーの撮像素子の総数より若干少ない。通常、有効画素数と画像データの記録画素数は等しいが、スーパCDDハニカムという特殊なイメージセンターを搭載している富士写真フィルムのデジタルカメラにおいては、有効画素数と記録画素数と異なる場合もある。デジタルカメラの性能の目安として有効画素数が使用され、ユーザがデジタルカメラを購入する際の指標となっており、現在は800~1200万画素のデジタルカメラが多く出回っている。

「有効画素数」の画像検索結果

「有効画素数」のYOUTUBE検索結果

「有効画素数」のニュース検索結果

「有効画素数」のTwitter結果

楽天市場のおすすめ商品

人気キーワードランキング

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。