IT用語「量子化ビット数」を解説!

専用ライターによる解説

 りょうしかびっとすう量子化ビット数

量子化ビット数とは、アナログ信号をデジタル信号の量子化処理時に、何段階で信号の量子化を行なうかを示す数値。サンプリングビット数ともいう。量子化ビット数の値が大きいほど、変換したデジタル信号が元のアナログ信号との誤差が少なく、精度の高いものが得られるが、量子化の回数が増えるため、変換後のデータ情報も増加する。量子化ビット数が8ビットでは0~256の256段階の値、16ビットでは0~65536の65536段階で値での表現でき、ビット数が大きい方が、元のデータ情報の再現性が忠実に行なえる。音楽CDは16ビットまで対応。

「量子化ビット数」の画像検索結果

「量子化ビット数」のYOUTUBE検索結果

「量子化ビット数」のニュース検索結果

「量子化ビット数」のTwitter結果

楽天市場のおすすめ商品

人気キーワードランキング

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。