「ディスプレイ」カテゴリーの記事一覧

今日のピックアップ記事

1れんぞくかいちょう連続階調

階調とは、ディスプレイやプリンターなどの画質を評価する要素のひとつで、色や明るさの濃淡などを表現するための単位として使われている。その中でも無数の多段階に区分化することを特に連続階調(Seemless... […続き]

今日のピックアップ記事

2ゆうきいーえるでぃすぷれい有機ELディスプレイ

有機ELディスプレイとは、電流によって発光する有機物質を用いたディスプレイ。有機エレクトルミネセンスディスプレイ、OELD(Organic Light Emitting Diode)ともいう。従来の液晶ディスプレイは、発光のためにバックライトが必要だが、有機ELディスプレイは、自発光体を用いることによりバックライトが必要なくより薄型化が可能である。少ない消費電力で発光でき、輝度が高く、応答速度においても液晶ディスプレイを凌ぐ。携帯端末において有機ELディスプレイの搭載が進んでおり、これからの薄型ディスプレイ技術として期待されている。 […続き]

今日のピックアップ記事

3むきいーえるでぃすぷれい無機ELディスプレイ

「無機ELディスプレイ(inorganic electroluminescence display)」とは、発行体に硫化亜鉛などの無機物を使用したディスプレイで、電圧をかけることで発光する。有機ELディスプレイは発行体にジアミン類などの有機物質を使用するもので、低い電力で高い輝度を得ることができ、消費電力や、スピード、寿命、見易さに於いても優れており、液晶モニターの様に薄くすることが可能である。無機ELディスプレイは、現在は高輝度の青色発光体が未発見のため、有機ELディスプレイに比して開発は遅れているが、大型のモニターは実現しやすいと言われ、今後の開発が望まれている。 […続き]

今日のピックアップ記事

4ひしょうしつしりこん非晶質シリコン

非晶質シリコンは、シリコン原子の隙間に水素などの不純物を混入させて、人工的に非晶質状態をつくったシリコンのことである。非晶質状態とは、固体物質の中でも規則正しい結晶構造でないもののことを指している。非晶質シリコンは原子同士の距離が不均質なため、低速に動作する半導体として利用されることが多くトランジスタとしての用途が挙げられる。非晶質シリコンは光電特性を持っているため、光を照射すると半導体の内部に電気エネルギーが生じる。その特性を利用してTFT液晶パネルや太陽電池、感光素子などにも利用されている。非晶質シリコンを使った半導体は低速で動作することが特徴のため、高速化は難しい。 […続き]

                        人気キーワードランキング 2019/01/16

                        は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

                        国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。