IT用語「ドットクロック」を解説!

専用ライターによる解説

 どっとくろっくドットクロック

ドットクロック(dot clock)とは、ディスプレイの1ドット(画像を構成する色のついた点)を表示するために必要となる早さのことである。単位はMHz(メガヘルツ)となっている。ドットクロック値が高いほど、より解像度が高く、リフレッシュ動作が速い画面の表示が可能になる。ドットクロック値はVGA(640×480ドットの解像度)で25MHz程度、XGA(1024×768ドットの解像度)で65 MHz程度、SXGA(1280×1024ドットの解像度)で108 MHz程度になる。ドットクロックはピクセルクロックと表記されることもある。

「ドットクロック」の画像検索結果

「ドットクロック」のYOUTUBE検索結果

「ドットクロック」のニュース検索結果

「ドットクロック」のTwitter結果

楽天市場のおすすめ商品

人気キーワードランキング

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。