IT用語「連続階調」を解説!

専用ライターによる解説

 れんぞくかいちょう連続階調

階調とは、ディスプレイやプリンターなどの画質を評価する要素のひとつで、色や明るさの濃淡などを表現するための単位として使われている。その中でも無数の多段階に区分化することを特に連続階調(Seemless Gradation)という。自然界の如何なる色調であっても、銀微粒子あるいは染料微粒子などによる無限の組み合わせによって忠実に再現することが出来る。コンピューターの世界では、ディスプレイなどの画面画質は赤:Red、緑:Green、青:Blue、またプリンターなどの印字・画像画質は赤:Red、黄色:Yellow、青:Blueの各3原色の任意の組み合わせによって再現される。各3原色の各色を8ビット構成すなわち3色計3×8=24ビット構成にすると結果として約1677万の色階調を表現可能となり、人間が画質識別可能な最大限の階調レベルを概ね再現されるとされている。

「連続階調」の画像検索結果

「連続階調」のYOUTUBE検索結果

「連続階調」のニュース検索結果

「連続階調」のTwitter結果

楽天市場のおすすめ商品

人気キーワードランキング

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。