「プログラミング」カテゴリーの記事一覧

今日のピックアップ記事

1ろんりあたいかた論理値型

論理学で、ある事柄が真(true)であるか偽(false)であるかを示す値のこと。別名、真理値、真偽値ともいう。プログラミングでは基本のデータ型の1つになっていて、ある条件式が1(真またはTrue)か0(偽またはFalse)かを表わす値やデータ型のことを指している。この場合は、別名ブール値、ブール型、ブーリアン型、論理型とも呼ばれる。主に、条件式に用いられ、論理積(AND)、論理和(OR)、否定(NOT)の他に、NAND(否定論理積)やNOR(否定論理和)などの演算子がある。多くのプログラム言語で論理値型は仕様である。 […続き]

今日のピックアップ記事

2ろんりあたい論理値

論理学で、ある事柄が真(true)であるか偽(false)であるかを示す値のこと。別名、真理値、真偽値ともいう。プログラミングでは基本のデータ型の1つになっていて、ある条件式が1(真またはTrue)か0(偽またはFalse)、またはオンかオフかかを表わす値やデータ型のことを指している。この場合は、別名ブール値、ブール型、ブーリアン型、論理値型とも呼ばれる。主に、条件式に用いられ、論理積(AND)、論理和(OR)、否定(NOT)の他に、NAND(否定論理積)やNOR(否定論理和)などの演算子がある。多くのプログラム言語で論理値は仕様である。 […続き]

今日のピックアップ記事

3ろんりがた論理型

論理学で、ある事柄が真(true)であるか偽(false)であるかを示す値のこと。別名、真理値、真偽値ともいう。プログラミングでは基本のデータ型の1つになっていて、ある条件式が1(真またはTrue)か0(偽またはFalse)、またはオンかオフかを表わす値やデータ型のことを指している。この場合は、別名ブール値、ブール型、ブーリアン型、論理値型とも呼ばれる。主に、条件式に用いられ、論理積(AND)、論理和(OR)、否定(NOT)の他に、NAND(否定論理積)やNOR(否定論理和)などの演算子がある。多くのプログラム言語で論理型は仕様である。 […続き]

今日のピックアップ記事

4ろんりえんざんめいれい論理演算命令

コンピュータのCPUへの論理演算をする動作命令のこと。真と偽という2つの入力値に対して行う演算で、論理積(AND)、論理和(OR)、排他的論理和(XOR)、否定(NOT)などの命令がある。論理演算命令のAND命令は、入力がすべて真なら出力は真、それ以外の組み合わせの入力なら偽を出力する。OR命令は、入力がすべて偽なら出力は偽、それ以外の組み合わせの入力なら真を出力する。XOR命令は、入力が一方のみが真の入力なら出力は真、それ以外の入力は偽を出力する。NOT命令は、入力が真なら出力は偽、入力が偽なら真を出力する。 […続き]

        人気キーワードランキング 2019/01/16

        は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

        国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。