「情報科学・工学」カテゴリーの記事一覧

今日のピックアップ記事

1じょうほうえんとろぴー情報エントロピー

エントロピーという物理学の概念を、情報の定義指数として、情報理論へ導入したものである。情報科学の権威であるクロード・シャノン氏が1948年に発案した理論の一部であり、後の情報科学の発展へ、大きな貢献をした。物理学で呼ばれているエントロピーは、「乱雑さ」という意味があり、エネルギーや物質の偏り度合いを指している。情報エントロピーでは、「事象の不確かさ」として考えることで、その情報の不確さや減少分が、情報量であると考えられている。例としては、サイコロを振る前の不確さは最大、そして目が出た後は最小となる。 […続き]

今日のピックアップ記事

2じゅんかいじょうちょうけんさ巡回冗長検査

「巡回冗長検査」はCRC(Cyclic Redundancy Check)とも言われ、データの転送や削除をするときに、連続して発生するエラーを検出する方法である。このエラーチェック方法はコンピューターのエラー訂正も可能であり、コンピューターの無駄な作業が少なく、エラーを検出する能力が高いという特徴がある。これは計算の対象となるデータをビット列としてとらえ、生成多項式で割り算をした余りを付加して転送し、割り切ることができなかった場合に誤りであるとする方式となっている。生成多項式は国際電気通信連合電気標準化セクターで標準化されており、イーサネットや銀行のATMなどでも用いられている。 […続き]

今日のピックアップ記事

3じゅんかいせーるすまんもんだい巡回セールスマン問題

巡回セールスマン問題とは、巡回するセールスマンがすべての都市を必ず一度ずつ訪問し、出発地点に戻ってくる場合に、移動距離が最も短くなるような道順を求める問題である。巡回する都市の数が少ない場合には、簡単に解いていけるが、増えるにつれて難解度が急激に上がってくる。ニューラルネットワークやアーニング法などがその代表的開放として有名であるが、最適解を求める方法は大変に難しいとされ、正確な解を求める方法はないと言われる。その最適解を求める方法は、配送会社の運行ルートの計画や、大規模集積回路のデザインなどで活用されている。 […続き]

今日のピックアップ記事

4じかんけいさんりょう時間計算量

コンピューターの性能は、その処理スピードによって測られるが、特定の手順に従って与えられた問題を解く際に必要とする時間を時間計算量と呼び、実際にかかる時間ではなく、実行ステップ数により表現されている。これは、実際にかかる時間はコンピューターの性能に左右されることを考慮した結果である。時間計算量は、実行するステップ数であるため、これが少ないほど、より短い時間で問題を解くことができると判断できる。コンピューターに問題を解かせる(アルゴリズム)は、短期間で計算できるように工夫がされている。そのため、その工夫が多いほど良いアルゴリズムが構築されているといえる。 […続き]

                              人気キーワードランキング 2019/01/16

                              は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

                              国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。