IT用語「RMS」を解説!

専用ライターによる解説

 あーるえむえすRMS

ITR

windows Rights Management Services for Windows Server 2003の略称で、Microsoft社が開発した情報漏洩防止テクノロジ。RMSではデータの利用者および利用方法を制限することができる。XrMLで記述されている。ユーザがデータの利用を試みると同時にサーバが利用可能者のリストと照合し、リストと適合した場合のみライセンスが渡される。編集や印刷など、データの利用方法はユーザごとに設定可能。アクセスがあった場合に、適合の有無に関わらずログを記録することもできる。ファイルが外部に流出した場合もデータの保護が可能という特徴がある。また、RMSは「Root Mean Square」の略称で、信号の実効値を指す場合もある。「2乗平均平方根」とも呼ばれる。スピーカーなどのオーディオ機器ではRMS値が大きいほどオリジナルに近い音が出力される。

「RMS」の画像検索結果

「RMS」のYOUTUBE検索結果

「RMS」のニュース検索結果

「RMS」のTwitter結果

楽天市場のおすすめ商品

人気キーワードランキング

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。