IT用語「CCK方式」を解説!

専用ライターによる解説

 しーしーけーほうしきCCK方式

無線LANの標準規格であるIEEE802.11bで採用されている、ビット列のデータ信号を電波に対応付けるための変調方式のひとつである。CCKとは、Complementary Code Keyingの略である。無線LANでは、受信側のアンテナは本来の電波以外にも、電子機器などからの電波の干渉を受けて正しいデータが届かないこともある。そのため、IEEE802.11bでは干渉を受けにくい「スペクトラム拡散方式」という通信方式を採用している。CCK方式とは、スペクトラム拡散方式のうちの一つであり、8ビット長のコンプリメンタリ・コードをスペクトル拡張変調に使用する。

「CCK方式」の画像検索結果

「CCK方式」のYOUTUBE検索結果

「CCK方式」のニュース検索結果

「CCK方式」のTwitter結果

楽天市場のおすすめ商品

人気キーワードランキング

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。