IT用語「WTS」を解説!

専用ライターによる解説

 だぶりゅーてぃーえすWTS

WTS(Windows Terminal Serverの)とは、Windowsにシンクライアント環境を作るためのソフトウェアのことである。米マイクロソフト社と米シトリックス・システムズ社が共同で開発した。端末には最小限度の機能だけを持たせて、サーバに全ての処理を行なわせる機能のことで、端末とサーバ間では、キーストロークや、マウスのクリック、画面の更新のみがやりとりされる。端末を安くできるので、端末を大量に必要としながらも、その機能の一部しか利用されないような場合には、コスト削減の効果が期待できる。例えば、コールセンターや、ヘルプデスク業務、予約システムなどでの利用が考えられる。

「WTS」の画像検索結果

「WTS」のYOUTUBE検索結果

「WTS」のニュース検索結果

「WTS」のTwitter結果

楽天市場のおすすめ商品

人気キーワードランキング

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。