「パソコン」カテゴリーの記事一覧

今日のピックアップ記事

1ゆがみをゆるすあっしゅく歪みを許す圧縮

圧縮したデータを元に戻した場合、完全には元通りにならない圧縮方法の分類のこと。別名、不可逆圧縮、Lossy compressionともいう。画像のJPEGや音声のMP3、映像のMPEGなどの圧縮ではデータにある程度の損失が出ても、音声や画質の大きな変化はみられないため、ある程度の情報損失を許すなら、劇的に圧縮率を高めファイル容量がを減らすことができる。歪みを許す圧縮に対して、テキストやプログラムなどは完全に復元する事が求められるため、この圧縮方法は適さない。そのような時は、歪みを許さない圧縮(可逆圧縮)を用いる。 […続き]

今日のピックアップ記事

2ゆがみをゆるさないあっしゅく歪みを許さない圧縮

圧縮したデータを元に戻した場合、完全に元通りになる圧縮方法の分類のこと。別名、可逆圧縮、Lossless compressionともいう。そのような圧縮には、ZIPやLHAなどの圧縮ソフトが必要である。テキストデータやプログラムなどのファイルは、データが変化してしまうと正しく利用できないため完全な復元が必要である。歪みを許さない圧縮に対して、画像や音声、映像などの圧縮ではデータにある程度の損失が出ても大きな変化はみられないため、多少の情報損失を許して高圧縮をすることがある。そのような時に用いられる圧縮方法については歪みを許す圧縮(不可逆圧縮)という。 […続き]

今日のピックアップ記事

3ろんりふぁいる論理ファイル

1つまたは複数のデータファイルをプログラム上では同じファイルに入っているように関連付け、目的のデータのみにアクセスできる仮想上のファイル。論理ファイルを生成すると、ハードディスク上では連続した位置に記録されていないファイルだったとしても、ソフトウェアで使用する時は、寄せ集めたひとつのファイルとして扱うことができる。この論理ファイルに対して、実際にデータファイルを収容しているファイルを物理ファイルという。物理ファイルは論理ファイルの基礎になるので、論理ファイルを生成する時点でハードディスク状に存在している必要がある。 […続き]

今日のピックアップ記事

4ろんりふぉーまっと論理フォーマット

記憶媒体のフォーマットを行う際の、OSに応じたデータ管理用の論理的な位置を設定する作業のこと。論理的に設定されたディスク内の構造を指すこともある。論理フォーマットに先だって必要とされるのが、物理フォーマットである。物理フォーマットは記憶媒体の内部を仕切る役割があり、データを書き込む土台となる。その上で、論理フォーマットによってパーティションが作られ、ファイルシステム管理領域が作成される。論理フォーマットも物理フォーマットも初期化と呼ばれる。ただ、論理フォーマットに関しては、書き込みの様式を再設定しただけで、データはそのまま残っている。 […続き]

      人気キーワードランキング 2019/03/24

      は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

      国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。