IT用語「クラサバ」を解説!

専用ライターによる解説

 くらさばクラサバ

クライアントとサーバーの分離行う、コンピューターネットワークのソフトウェアモデルの略称の事である。一般的には、クライアントサーバーと呼ばれている。以前は、メインフレームと呼ばれている大型コンピューターに端末を接続し、それをユーザーが操作を行うのが一般的であった。しかし、その当時の端末は、文字の入力と表示を行うだけの、簡単なシステムしか搭載されていなかった。計算を行う場合には、メインフレームによって処理されていた。その後、UNIX Workstationが登場したことにより、表示と処理能力が改善され、クラサバが一般化するようになった。

「クラサバ」の画像検索結果

「クラサバ」のYOUTUBE検索結果

「クラサバ」のニュース検索結果

「クラサバ」のTwitter結果

楽天市場のおすすめ商品

人気キーワードランキング

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。