IT用語「クリップ」を解説!

専用ライターによる解説

 くりっぷクリップ

クリップとは、コンピューター操作や、電子回路の波形などで使用される用語である。コンピューター操作では、Windowsなどのオペレーティングシステムにおいて、文字列や図形などのコピーやカットを行ったときに、データを一時的に保存しておくメモリ上の領域のことを指す。一度保存されたデータは、何度も貼り付けを行うことが可能である。また、電子回路においては、アナログ波形などがダイナミックレンジを超えてしまって表現可能な上限に張りついた状態をいう。デジタルデータにおいても、レジスタで表現可能な数値以上になった場合に、最大値へリミット処理した場合のことを言う。

「クリップ」の画像検索結果

「クリップ」のYOUTUBE検索結果

「クリップ」のニュース検索結果

「クリップ」のTwitter結果

楽天市場のおすすめ商品

人気キーワードランキング

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。