IT用語「ディスクリプタ」を解説!

専用ライターによる解説

 でぃすくりぷたディスクリプタ

ディスクリプタとは、主にファイルに対して用いられる用語である。ファイルに対して入出力を行うときにオペレーティングシステムがファイルを識別するための識別子のことである。オペレーティングシステムがファイルを扱う際は、ファイル名、ファイルサイズ、更新日時、属性などを格納する構造体が確保され、その中に、本識別子も含まれる。通常はオペレーティングシステム内では、int型の整数であらわされる。本識別子は3つの状態を持ち、標準入力状態を『0』とし、標準出力状態を『1』とし、標準エラー状態を『2』として割り当てる。

「ディスクリプタ」の画像検索結果

「ディスクリプタ」のYOUTUBE検索結果

「ディスクリプタ」のニュース検索結果

「ディスクリプタ」のTwitter結果

楽天市場のおすすめ商品

人気キーワードランキング

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。