IT用語「リファレンスコード」を解説!

専用ライターによる解説

 りふぁれんすこーどリファレンスコード

リファレンスコードとは、標準ソースコードのことを指し、ある技術がソフトウェアに実装される際に見本になるもののことである。一般的には、開発元が提供している実装例を指していて、これらは技術の仕様書や標準規格などを特殊な技能なしにそのままコーディングしている。仕様書では、細かい動作などを定義していないため、リファレンスコードと同じ動きになるように実装を行うことで、その技術を利用する他のソフトウェアなどとの相互運用性を高めることができる。リファレンスコードは最適化や高速化などのチューニングは行わず、あくまでも、平易に技術を実装している。

「リファレンスコード」の画像検索結果

「リファレンスコード」のYOUTUBE検索結果

「リファレンスコード」のニュース検索結果

「リファレンスコード」のTwitter結果

楽天市場のおすすめ商品

人気キーワードランキング

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。