IT用語「列ラベル」を解説!

専用ライターによる解説

 れつらべる列ラベル

列ラベルとは、主に表計算ソフトにおいて、行(横方向)に対する、その中の項目(縦方向)のことを列といい、行と列によってリスト形式でその表やテーブルが表されるとき、先頭の行に、各列に格納しているデータの意味を見出しとして、入力、表示したものである。この列を見出し、データ項目などというが、特に「列ラベル」という用語では、表計算ソフトのMicrosoft Excelにおいてデータベース機能、ピボットテーブルなどを利用するときに指定する。また縦方向の見出しを表す列フィールドに対して、横方向の行に見出しをつける場合一番左に「行フィールド」を定義することで、ピボットテーブルを利用する場合に指定する。

「列ラベル」の画像検索結果

「列ラベル」のYOUTUBE検索結果

「列ラベル」のニュース検索結果

「列ラベル」のTwitter結果

楽天市場のおすすめ商品

人気キーワードランキング

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。