IT用語「活線挿抜」を解説!

専用ライターによる解説

 かつせんざしぬ活線挿抜

活線挿抜は、英語でホットスワップ(Hot Swap)というが、多くのエンジニアは、ホットスワップのほうが耳慣れている。コンピューターの電源を入れたままで、コンピューターのパーツやケーブルの交換を行うことである。通常コンピューターの修理やパーツの変更は、コンピューターの電源を落として行う。これは、他の部品などに影響を与えないためである。しかし、大型のコンピューターや、連続稼動を要求されている利用の場合は、簡単に電源を落としてコンピューターをとめることができないため、あらかじめ、活線挿抜を行うことを前提に設計してある。また、身近なところでは、パソコンのPCカードやUSBなどの入出力装置の接続は、活線挿抜対応になっている。

「活線挿抜」の画像検索結果

「活線挿抜」のYOUTUBE検索結果

「活線挿抜」のニュース検索結果

「活線挿抜」のTwitter結果

楽天市場のおすすめ商品

人気キーワードランキング

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。