IT用語「連鎖ファイル」を解説!

専用ライターによる解説

 れんさふぁいる連鎖ファイル

連鎖ファイルとは、論理的に1つファイルとして認識されているものの、ハードディスクなどの記憶装置上では連続的な配置として格納されていな状態のファイルのことである。ハードディスク上にファイルを保存するとき、連続した領域が確保できないときところどころの空き領域を利用し、ファイルのつながりをポインタで連結し論理的に一つのファイルとして格納することになる。この格納箇所が散らばっている状態をファイルの断片化とう。断片化が発生しているファイルはディスクへの格納範囲が、実際のファイルサイズより広範囲にわたり、連続した領域に格納されたファイルを処理するよりも、レスポンスが低下する。

「連鎖ファイル」の画像検索結果

「連鎖ファイル」のYOUTUBE検索結果

「連鎖ファイル」のニュース検索結果

「連鎖ファイル」のTwitter結果

楽天市場のおすすめ商品

人気キーワードランキング

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。