IT用語「録画モード (DVD)」を解説!

専用ライターによる解説

 ろくがもーど(でぃーぶいでぃー)録画モード (DVD)

DVD(Digital Versatile Disc)はCDに比べて概ね6倍の大容量を持つ高密度・高画質・高音質の記録メディアであり、多様なデータ・音声・画像情報の記録素材として使用されている。DVDの録画・再生方式の規格については、記録素材・記録/再生・伝送など各技術分野における最適化が検討されているが、現在は統一規格確立には至らず、各技術の専門業界の事情によって、多様な規格が存在している。一般に録画モード (DVD)は、読み出し専用方式(Read Only Memory:DVD-ROM)、一度だけの書き込み方式(Read Once:DVD-R)、任意の書き込み方式(Read Write:DVD-RW、Random Access Memory:DVD-RAM)に大分類されている。

「録画モード (DVD)」の画像検索結果

「録画モード (DVD)」のYOUTUBE検索結果

「録画モード (DVD)」のニュース検索結果

「録画モード (DVD)」のTwitter結果

楽天市場のおすすめ商品

人気キーワードランキング

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。