IT用語「ANK文字」を解説!

専用ライターによる解説

 あんくもじANK文字

ANK文字とは1バイト(8ビット)で表記されるアルファベット(Alphabet)、数字(Numeric)、記号、半角文字カタカナ(Kana)の文字セットである。文字セット数はひらがな、カタカナいずれも同数ではあるが、コンピューター分野ではディスプレーなどの出力装置の文字表示は主としてドット形式が用いられているため、直線性が多い文字が適しているとの判断から古くからカタカナが採用されてきた歴史がある。各種技術が発達して現在では1バイト(8ビット)マシンは存在せず、2バイト以上の文字表記システムが可能になり漢字・ひらがな・カタカナなど2バイト(16ビット)文字全角文字セットを扱える。但し一部のアプリケーションでは、ANK半角文字専用の条件付きデータ・フィールドがあるので入力時には半角・全角のモード設定に注意が必要である。

「ANK文字」の画像検索結果

「ANK文字」のYOUTUBE検索結果

「ANK文字」のニュース検索結果

「ANK文字」のTwitter結果

楽天市場のおすすめ商品

人気キーワードランキング

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。