IT用語「CS/RSフロー制御」を解説!

専用ライターによる解説

 しーえすあーるえすふろーせいぎょCS/RSフロー制御

CS/RSフロー制御はCTS/RTSフロー制御ともいう。ハードウェアフロー制御の一つで、RS-232ケーブルで用いられている方式。ハードウェアフロー制御とは、モデムからパソコンなどに信号線を使用してデータ通信を行い、このデータの流れを制御することをいう。RS-232ケーブルはデータ通信用の信号線のほかに、送受信両サイドが連携してデータの流れを一時的に中断したり再開したりする2つの制御用信号線を持っている。なおCSとはClear To Sendの略で受信準備完了、RSとはRequest To Sendの略で送信要求という意味である。

「CS/RSフロー制御」の画像検索結果

「CS/RSフロー制御」のYOUTUBE検索結果

「CS/RSフロー制御」のニュース検索結果

「CS/RSフロー制御」のTwitter結果

楽天市場のおすすめ商品

人気キーワードランキング

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。