IT用語「LPC」を解説!

専用ライターによる解説

 えるぴーしーLPC

LocalProcedureCallの略称。同じパソコンで個別に動作しているプログラム同士が、相手のプログラムを呼び出し、データのやり取りをする際に用いられるプロセス間通信の手法。ネットワークでつながった別々のマシンで動作するプログラム同士で、データをやり取りするのはRPC。もしくはLowPinCountの略称で、Intel社が開発したインターフェース規格の名称。ピン数の少なくても接続できるバス規格。利用可能なメモリー空間が広いので、従来のXバスに比べてデータを速く転送できる。LinerPredictionCodingの略称であれば、音声信号の符号化のやり方。人間の発生も出るに基づき、音声波形のサンプル値からaパラメータを求める。線形予測係数。

「LPC」の画像検索結果

「LPC」のYOUTUBE検索結果

「LPC」のニュース検索結果

「LPC」のTwitter結果

楽天市場のおすすめ商品

人気キーワードランキング

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。