IT用語「スキャンライン法」を解説!

専用ライターによる解説

 すきゃんらいんほうスキャンライン法

3Dグラフィックスのレンダリングにおける、陰面消去処理方法の一つである。スキャンライン法は、オブジェクトを構成している個別のポリゴンを、スクリーン上においてスキャンラインごとに分割を行う。このことをセグメントと呼ぶ。同様のスキャンラインを共有しているセグメント同士の奥行きの値を比較して一番手前を描写する。これにスクリーン上のスキャンラインを行うことで陰面消去ができる。ポリゴン全体で奥行きの情報を比較すると、処理が難しくなる場合がある。スキャンラインで分割することにより、容易に前後関係の把握が可能となる。

「スキャンライン法」の画像検索結果

「スキャンライン法」のYOUTUBE検索結果

「スキャンライン法」のニュース検索結果

「スキャンライン法」のTwitter結果

楽天市場のおすすめ商品

人気キーワードランキング

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。