IT用語「連続用紙」を解説!

専用ライターによる解説

 れんぞくようし連続用紙

連続用紙とは印刷に使われる用紙形態のひとつである。単票は用紙が一枚ごとに紙送りされるのに対して、連続用紙は一連の複数ページ分が折りたたまれた状態で使用される。印刷時には連続用紙の左右両端に空けられたフィード用穴:スプロケットが印刷装置のピンによって紙が送り込まれる仕組みになっている。連続用紙は定型サイズの単票用紙に比べて、連続性を有する大量の情報を印刷する場合に適していて、印刷後の閲覧などの取り扱いが容易であることなどから大きなデータ・表・グラフ及びプログラム・リストなどの印刷に多く採用されている。

「連続用紙」の画像検索結果

「連続用紙」のYOUTUBE検索結果

「連続用紙」のニュース検索結果

「連続用紙」のTwitter結果

楽天市場のおすすめ商品

人気キーワードランキング

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。