IT用語「ラッピング」を解説!

専用ライターによる解説

 らっぴんぐラッピング

ラッピング(wrapping)の語源は、くるむ、包む、包装紙など「包み込む」という意味のほか、終える、完了するなど「物事を終了する」という意味の単語である。プログラミングの分野で、あるクラスや関数、データ型などが提供する機能やデータを含み、別の形で提供することを「ラップする」あるいは「ラッピング」という。ある機能を内包して、別の形式のシステムで利用できるようにする。このような形で作成された関数やクラスのことを「ラッパー」(wrapper)という。

「ラッピング」の画像検索結果

「ラッピング」のYOUTUBE検索結果

「ラッピング」のニュース検索結果

「ラッピング」のTwitter結果

楽天市場のおすすめ商品

人気キーワードランキング

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。