IT用語「APL」を解説!

専用ライターによる解説

 えーぴーえるAPL

APLとは、数値計算向きのプログラミング言語である。現在、主流で使われているプログラミング言語は、会話型プログラミング言語が主流となっている。APLでは文法の規則が非常に少なく、記号で単純に記述するため、プログラミングが短いという特徴が挙げられる。配列演算機能に特化しており、配列指向言語とも呼ばれている。1964年にケネス・アイバーソンにより設計・開発が行われ、APL専用のキーボードもあり、配列演算を効率的に行う事が可能である。名前はa programming languageを意味する。

「APL」の画像検索結果

「APL」のYOUTUBE検索結果

「APL」のニュース検索結果

「APL」のTwitter結果

楽天市場のおすすめ商品

人気キーワードランキング

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。