IT用語「SCA」を解説!

専用ライターによる解説

 えすしえーSCA

Service Component Architectureの略称。サービス指向アーキテクチャ技術をベースに、各種の実装言語によるコンポーネントを結合したアプリケーション構築のためのプログラミングモデルである。近年のITシステムの大規模化/複雑化が進み、部品単位の開発や部品の再利用が可能となる「コンポーネント指向開発」の必要性が生まれた。様々な実装言語で記述されている場合のシステム再構築・様々な規模のコンポーネント管理等、コンポーネント指向開発に伴う問題の対策がSCAである。3月21日にバージョン1.0がSOA技術の発展と推進を目的とする団体Open SOA Collaborationにより策定され、同時に標準化団体OASISに提出された。Apache Tuscanyというオープンソースプロダクトにより実装されている。

「SCA」の画像検索結果

「SCA」のYOUTUBE検索結果

「SCA」のニュース検索結果

「SCA」のTwitter結果

楽天市場のおすすめ商品

人気キーワードランキング

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。