IT用語「論理データ設計」を解説!

専用ライターによる解説

 ろんりでーたせっけい論理データ設計

ソフトウェアや情報システムの開発工程の1つで、外部設計段階において、利用者が必要とする用件に基づいて、システムのあり方を決めてゆくこと。一般的には論理設計と呼ばれる。この段階で、操作方法の構成やデータベースの構造、必要なデータ項目を決める事が多い。一般的には論理データ設計の前に、まず概念設計を行う。概念設計では、データの性質や関係などを基にデータ構造のモデル化を行う。そして、論理設計を行った後に、内部設計段階である物理設計が行われる。物理設計では、データベースの性能を考慮したり、インデックスを定義したりする。

「論理データ設計」の画像検索結果

「論理データ設計」のYOUTUBE検索結果

「論理データ設計」のニュース検索結果

「論理データ設計」のTwitter結果

楽天市場のおすすめ商品

人気キーワードランキング

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。