IT用語「集積回路」を解説!

専用ライターによる解説

 しゅうせきかいろ集積回路

集積回路とは、基盤の上に装着する電子回路の総称である。一般的にはIC(Integrated Circuit)と略されて使用されている。半導体集積回路とも呼ばれる。1959年に考案され、現在では様々な基盤に取り付けられている。集積回路は、半導体基板が土台となる。ダイオード・トランジスタ・コンデンサ等の回路素子を集約し定着させ、配線によって電気的に接続する。これで1つのチップになり、チップ内には複数の素子数が含まれる。素子数の数により以前は呼び分けられていたが、現在では集積回路をICと呼ぶことが一般的であり定着している。

「集積回路」の画像検索結果

「集積回路」のYOUTUBE検索結果

「集積回路」のニュース検索結果

「集積回路」のTwitter結果

楽天市場のおすすめ商品

人気キーワードランキング

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。