「拡張子」に関する用語の特集

 「拡張子」に関する用語の特集

特集ページ

 ITPEDIAに収録された語句から、奥深いIT用語の世界をご案内

拡張子をマスターすれば、「PC」が理解できる

「拡張子」に対して苦手意識や、ちょっとしたハードルの高さを感じていませんか?この特集ページでは、なんとなく「拡張子」に対する知識のない人を対象に、知っているひとでも「あるある」「そうだったのか」と頷けるような、簡単なところからディープなところまでお連れできるよう執筆いたしました。

筆者自身、パソコンに詳しい部類になる過程に、確かに「拡張子」に対する理解を経ることによって、PCに対する得意意識が形成され、仕事にも大きく役立った記憶があります。

早速、拡張子とはどういったものなのか、初期の解説から歩を進めてまいります。

まず、拡張子の意味を調べてみましょう。

「拡張子」の記事

上記より「拡張子」の意味を調べていただくと分かる通り、本ページではそもそも、パソコン上やデスクトップ上に置かれるファイル名についての記事です。拡張子とは、パソコン上のデータひとつひとつのファイル名の末尾につく文字列である、という点まではお解りいただけましたでしょうか。

拡張子の種類は本当に様々!

パソコンは、デスクトップ上にあるアイコンをダブルクリックして開こうとしたとき、どのような「アプリケーション」を開くのかという指令を、拡張子を元に探します。この拡張子によって紐付けられたアプリケーション(例えば、「エクセル」や「ワード」)を起動し、表示します。

※近年のパソコンでは拡張子を意識させずに非表示にしているパソコンもありますので、ぜひWindowsやMacそれぞれで拡張子を表示する設定を探して、表示してみてください。パソコン上では拡張子を非表示にするのに、メールソフトで他人が送付してきた画像やエクセルファイルには拡張子が表示されるので、これがまた初心者を混乱させる要因になっているのではないでしょうか。

それでは、どれだけの数の拡張子があるのか、見てみましょう。

上記は当サイト掲載分の拡張子ファイルの一覧になります。収録方法に応じて2パートに分割してご紹介しましたが、見たことのある形式はありましたでしょうか。一番有名なのではないかと思われるのが、「JPEG形式」ではないでしょうか。これはデジタルカメラやスマートフォンで写真撮影をするとほぼすべての機種が、JPEGと呼ばれる画像形式で保存するため、一般的にも普及している呼称であり拡張子です。

参考までに、JPEG関連の語句一覧

「JPEG(.jpg)」の関連記事

要注意!ドメインは拡張子ではありません

拡張子に関する概念がある程度わかったところで、初心者のかたが陥りがちなわかりにくい罠についても簡単にご説明します。拡張子は「.jpg」「.xls」などのドット「.」のうしろにローマ字が数文字程度(昔は3文字限定だったが、すぐに自由な文字数になったことから3文字が多い名残がある)つらなる形式ですが、似たものに「ドメイン」があります。

ドメインとは、ドットコム(.com)やドットネット(.net)などの、ホームページを閲覧するときのURLの一部についてくるホームページの住所のこと。これも、ドットから始まるため拡張子のように思えますが、見た目は似てても明確に意味が違うものなので、確認してみましょう。

拡張子と似ているけど、拡張子ではない…ドメインに関する語句一覧

「ドメイン」の記事

ドメイン名称も、日々増えています。パソコンに多少詳しい人なら、「.doc」はMicrosoft Wordの拡張子であり、「.jp」はドメイン名である、といった区別はすぐにつきますので、もし区別がまだつかないようでしたら、じっくりひとつひとつの形式を読んでいくことで知識を増やしていくと、何かと役に立つことと思います。

なお、世の中には数千種類の拡張子があると言われており、その拡張子も日々増えています。最後に、上記に羅列したデータの数々はその奥深さを立証するものでありますが、下記には、「これだけは覚えるととても役に立つ」と思われるものを列挙しました。お役立てください。

これだけは覚えたい拡張子

まとめ:拡張子を知ることで、パソコンともっと向き合える

拡張子という概念は、パソコン初心者にはとっつきにくいものでした。そのため、一時期は拡張子を無くす方向性すらあったほど。しかし、Macが普及したり、WEBやスマートフォンが普及したりといったなかで、異なるOSや環境感でやりとりをするためにむしろ必要性があがったともいえます。

この拡張子、難しい印象があっても、学んで触っていけばそうでもないもの。拡張子を知ることで、パソコンともっと楽しく向き合えると、きっとプライベートでも仕事の役にもたちますよ。

楽天市場のおすすめ商品

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。