IT用語「アクセプタンステスト」を解説!

専用ライターによる解説

 あくせぷたんすてすとアクセプタンステスト

正式にはユーザーアクセプタンステスト。別名承認テスト、ユーザー受け入れテストともいう。納品されたソフトウエアやシステムなど商品を発注元のユーザー側の企業などでテストし、テストにより不具合なく正しく動くかどうか、また本来の使用目的や意図と合致しているかどうかなどを検証することをいう。通常は最終段階でのテストで、実際の業務で利用するものと同環境で問題なく動作するかを試すもの。原則としては、利用者であるユーザーがテストをするが、元請会社のベンダー企業が下請会社の開発品をテストすることを指す場合もある。このアクセプタンステストが最終テストとなるので、テストに合格すれば実際に納品・導入というプロセスに進むことになる。

「アクセプタンステスト」の画像検索結果

「アクセプタンステスト」のYOUTUBE検索結果

「アクセプタンステスト」のニュース検索結果

「アクセプタンステスト」のTwitter結果

楽天市場のおすすめ商品

人気キーワードランキング

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。