IT用語「例外処理テスト」を解説!

専用ライターによる解説

 れいがいしょりてすと例外処理テスト

例外処理テストとは、システム、プログラム、アプリケーションの開発時に、組み込んだ例外処理が有効に機能しているかテストを行うことである。例外処理(エラーハンドリング)はシステムを開発する際に想定した原則や、設計の要素に反して、想定外、設計外のデータや要素が混入した際に行う処理のことをいい、そのれを想定して組み込んだ例外処理が想定通りに動作するかのテストを行う。例外処理は、入力されるデータや、他のプログラムの挙動、OSやミドルウエアによる制御など、動作環境を全般的に把握し、その例外処理がもたらす結果について動作上最適なものであることが必要で、それを考慮したテストケースを設定し、想定通りの結果をもたらすことを検証することが肝要である。

「例外処理テスト」の画像検索結果

「例外処理テスト」のYOUTUBE検索結果

「例外処理テスト」のニュース検索結果

「例外処理テスト」のTwitter結果

楽天市場のおすすめ商品

人気キーワードランキング

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。