IT用語「連想記憶」を解説!

専用ライターによる解説

 れんそうきおく連想記憶

連想記憶はCAM(Content Addressable Memory)とも表し、記憶されているデータのメモリー位置をアドレス(番地)で示すのではなく、内容で示す記憶方法であり、データの管理手法の一つとしてメモリー・システムに活用されている。データ情報内容の一部から関連した情報を連想して、位置を探し出すことから連想メモリー、内容参照可能メモリーとも呼ばれる。大規模の情報から、指定したキーワードを検索しその記憶位置などを求めるシステムであり、その情報・データ量の規模によっては、相当の検索時間を伴うので通常よりも高速のランダム・アクセス可能な記憶装置が必要となる。

「連想記憶」の画像検索結果

「連想記憶」のYOUTUBE検索結果

「連想記憶」のニュース検索結果

「連想記憶」のTwitter結果

楽天市場のおすすめ商品

人気キーワードランキング

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。