IT用語「PCL」を解説!

専用ライターによる解説

 ぴーしーえるPCL

Program Check Listの略称、あるいはPainter Control Languageの略称。前者のPCLは、記述が終わったプログラムに異常がないかのテストをする際の、そのテストする項目のこと。プログラムチェックリストの文字通りのことであるが、起動動作のみならずエラー処理までも含むため、その項目次第でテストの安全性は大きく変わってくる。後者のPCLはHewlett-Packerd社が開発したページ記述言語であり、HP-PCLとも言われる。1980年代に登場したこちらのPCLは、Adobe Systems社が開発した同じくページ記述言語のPostScriptよりもシンプルな構造となっており、PCLはプリンターを中心としたHewlett-Packerd社製品とその互換製品において用いられている。最新ヴァージョンは6.0。なお、Hewlett-Packerd社が開発したページ記述言語であるPage Command LanguageもPCLと略称される。

「PCL」の画像検索結果

「PCL」のYOUTUBE検索結果

「PCL」のニュース検索結果

「PCL」のTwitter結果

楽天市場のおすすめ商品

人気キーワードランキング

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。