「エ」タグの記事一覧

今日のピックアップ記事

1えもじ絵文字

絵文字とは、絵のような文字、象形文字。一般には携帯電話のメール機能における機能で、1文字を絵やグラフィックで表示する機能。絵文字が入ったメールを「絵文字メール」などという。1文字コードに、笑顔、泣き顔、乗り物、天気などの絵を割り当てておき、それを携帯電話のメールでやりとりをする。もともと携帯キャリアによって独自に作られており、異なるキャリア間では絵文字部分が〓と表示されてしまったり、まったく表示されない場合があったりしたが、2006年からキャリア間での統一が図られている。ただし、完全に同じ表示ではなく、デザインはキャリア、メーカー、機種によって若干異なる。また、PCなど携帯電話以外のメールソフトやメールサービスでは同機能はなく、あくまで携帯電話に特化した文字である。 […続き]

今日のピックアップ記事

2えもじめーる絵文字メール

絵文字メールとは携帯電話におけるメールで絵文字を用いて書かれたメール。絵文字は1文字を絵で表示する機能で、1文字コードに、笑顔、泣き顔、乗り物、天気などの絵が割り当てられ、それを携帯電話のメールで送受信する。絵で表現することによって、直感的に気持ちや、物、状況を表現することができる。絵文字は、もともと携帯キャリアによって独自に作られ、異なるキャリア間では、絵文字は〓と表示されたり、表示されない場合があったりしたが、2006年からキャリア間での統一が図られている。ただし、キャリア、メーカー、機種によって多少デザインは若干異なる。また、PCなど携帯電話以外のメールソフトやメールサービスでは同機能はなく、あくまで携帯電話に特化した機能である。 […続き]

今日のピックアップ記事

3えぐらふ絵グラフ

絵グラフとは、数量や割合をグラフで表現するとき、数値の単位やまとまりを絵、イラストレーションで表すグラフ。単位や、表すものを直感的に伝えられるメリットがある。例えば、自動車メーカーの年間生産台数を表す時、横軸に「月」縦軸に「生産台数」を表す場合は、棒グラフで表すことができるが、この棒の部分を1000台区切りとし、1つの自動車の絵で表すことにより、直感的に「自動車のグラフである」ということが理解できる。また、人体の水分量を表す場合には、大きな人型を描き70%のところで波線を引き、下部を水色にすることで直感的に人体の水分量を表していることが理解される。ただし、グラフに精密さが求められる場合には用いない。 […続き]

今日のピックアップ記事

4えんぴつめにゅー鉛筆メニュー

鉛筆メニュー(pencil menu)とは、Macのデスクトップ画面に表示されていたメニューの一つで、Mac OS 9までのクラシックOSと初期のMac OS Xが採用していた日本語入力設定を行うメニューのことである。OS... […続き]

今日のピックアップ記事

5えんかくほしゅ遠隔保守

遠隔保守(remote maintenance)とは、「リモート保守」ともいい、遠く離れた場所に設置されたシステムを通信回線やネットワークによってメンテナンスすることを指す。動作状況の確認や、障害の復旧などを行うため、ネットワークを介して遠隔地のコンピューターに接続して行う。例えば、サーバーのハードウェア障害発生時に障害情報を遠隔地にある保守会社に自動送信することで、当該保守会社が遠隔保守を行い、迅速な障害復旧を支援するサービスなどもある。規模に限らず、個人的な行動においても自宅のコンピューターから会社のコンピューターのメンテナンスを行うことも遠隔保守に当たる。 […続き]

今日のピックアップ記事

6えんかくほうしゃせんしんだん遠隔放射線診断

遠隔放射線診断(teleradiology)とは、遠隔診断のひとつで「テレラジオロジー」ともいう。医師や医療機関がインターネットなどを通じて送られたX線画像やCT画像、MRI画像などを遠隔地にいる他の医師や医療機関に送り、診断や助言、診療指示などを受けることである。これによって、専門医が不足している地方の病院でも、都市部の高い技術を持った専門医の判断を参考にすることが可能として注目されている。また、すでに実用化された事例もあるが、診断報酬の評価方法や、遠隔地の医師によって、撮影が適切に行われているかどうかを正確に判断できない状態で、診断を迫られる危険性を孕んでいることなどの問題性も指摘されている。 […続き]

今日のピックアップ記事

7えんかくろっく遠隔ロック

遠隔ロック(remote lock)とは、「リモートロック」とも言われる不正を防止する機能やサービスのことを指す。ノートパソコンや携帯電話、スマートフォンなどモバイル型の情報端末を、遠隔地から通信回線を通じて指示を出すことによりロックし、操作を受けない状態にすることである。また、端末の持つそのような機能を指す。遠隔ロックの目的としては、盗難に遭ったり端末を紛失してしまったりした場合などに、他人に端末を操作されることを防ぐことである。遠隔ロックをかけることで、個人情報の漏えいなどの防止をすることができる。ロック機能を発動させるには、あらかじめ端末にパスワードを設定する必要があり、紛失した際に携帯データ通信などを通じてロックの指示を発行する。 […続き]

今日のピックアップ記事

8えんかくしょり遠隔処理

遠隔処理(remote processing)とは、「リモート処理」ともいい、通信回線を利用して、離れた場所にあるコンピューターで処理を行うことを指す。例えば、携帯電話を利用して、外出先から自宅の冷暖房機のスイッチを入れることや、パソコンのアプリケーションの操作を行う、テレビ録画機能を起動させることなどが挙げられる。対義語は「ローカル処理」(local)で、手元のコンピューターで行うことを指す。今後はビジネスや各家庭においても、対応デバイスが増え、生活利便性の向上に伴いさらに普及すると想定される。 […続き]

今日のピックアップ記事

9えんえきてきじゅんじょほう演繹的順序法

演繹的順序法(deductive sequence)とは、一般的または抽象的な前提である「大前提」から、より具体的な「小前提」を示し、「結論」に導いていくという三段論法で展開する論理的構成法のひとつである。一般的な前提から特殊な原理へと結論を得る推論方法である演繹法から派生したものである。対議語として「帰納」があり、個別的、特殊的な事例を挙げてから一般的、普遍的な法則や規則を推論するという逆のステップを踏むものがある。その派生から文章の論理的構成法のひとつで、個々の具体的な事例から一般的な原理や法則、あるいは結論を導き出す形で論を展開してゆく帰納的順序法がある。 […続き]

今日のピックアップ記事

10えんざんそうち演算装置

演算装置(ALU:Arithmetic Logic Unit)は、正式名称として、算術論理演算装置といわれる。マイクロプロセッサ(CPU:Central Processing Unit)の構成要素のひとつであり、制御を行う機器からの命令によって、四則演算(加算・減算・乗算・除算)や論理演算を行う装置のことである。マイクロプロセッサは、コンピューター内で基本的な演算処理を行う、要するに、コンピューターの最も中心的な半導体チップである。演算装置のほかに、制御装置やレジスタ、クロックジェネレータ、バスなどで構成される。 […続き]

1 / 1912345...10...最後 »

人気キーワードランキング 2019/03/24

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。