「シ」タグの記事一覧

今日のピックアップ記事

1じょうみゃくにんしょう静脈認証

静脈認証とは、銀行ATM、パソコンなどにおいて、静脈のパターンにより本人確認を行う生体認証(バイオ目トリクス認証)の方式のひとつ。静脈認証は掌や指などの静脈パターンを用いる。例えば、指の静脈認証センサーは、指に近赤外線をあてて撮像し、静脈中の血液中の還元ヘモグロビンがそれを吸収することで静脈パターンを抽出し、登録済みのパターンと照合することで認証を行う。静脈認証は双子であっても静脈パターンは異なり、身体内部の静脈を使用するため、偽造やなりすましが困難で盗み見たり推測したりすることは不可能で、経年変化や体調や気候によるパターンの変化がなく、実現的で生徒が高い生体認証方法と考えられている。 […続き]

今日のピックアップ記事

2じんこうげんじつかん人工現実感

人工現実感とは、様々な病気の治療に用いられている。認知症や、心の病を持った人を癒す効果もあるとして注目されている。自動車免許等の施設では、実際に使われていて、バーチャル世界の自動車を運転しながら、注意力等のテストにも用いられる。視覚だけでは無く、音を受ける、聴覚等の五感にも影響させる事が出来て注目を集めている。宇宙飛行士等の臨床実験に使われたりする事もあり、世界的にバーチャルリアリティが注目されている。テレビゲーム等にも用いられる日も、そう遠くない。近頃では、このメディアに関する作品が話題を集めた。 […続き]

今日のピックアップ記事

3じんこうちのう人工知能

1956年にダートマス会議でジョン・マッカーシーにより提唱された、コンピュータに人間と同様の知的な活動をさせることを目的とする研究と技術。または、それを行うことが出来るコンピュータプログラム。代表的な研究例として、人間とチェスを打つプログラムや、言語の自動翻訳プログラム、人間が用いる自然言語入力による検索プログラムなどが挙げられる。研究の対象とされる課題は、常にその時代のコンピュータの能力限界ぎりぎりに設定されるため、変化し続けてきた。LispやPrologといったプログラミング言語は、人工知能を記述するために開発されたものである。 […続き]

今日のピックアップ記事

4しんりあたい真理値

真理値とは、論理学において、ある命題に関しての結果が真か偽であるかを示す値のことである。論理回路やプログラミングの回路において、プログラミングの言語やデータベースなどでのクエリの言語において条件を指定するために使用される論理式において、真であるか偽であるかを表す値のことである。ブール値やブール型としての名称で呼ぶ場合もある。デジタルのシステムにおいて、真偽の結果に関して、デジタル信号におけるスイッチのオンとオフに置き換える場合もある。また、数値の0と1に対応させて表現する場合があって、0はオフの意義であって、1はオンの定義である。 […続き]

今日のピックアップ記事

5しんにゅうけんちしすてむ侵入検知システム

侵入検知システムとは、ネットワークへの進入を検知して管理者に報告するシステムのことである。通称はIDS(Intrusion Detection System)である。ネットワーク上を行き来するパケットを分析し、パターンを照合することによって不正アクセスを検知する仕組みになっている。不正アクセスでよく用いられるパターンが記録されており、実際に流れてくるパケットとそのパターンを比較することによって、そのパケットが正常な通信によってやりとりされているものかどうかを判断する。製品によっては、通信を遮断するなど防衛措置を自動でとるものもある。 […続き]

今日のピックアップ記事

6しんぎあたい真偽値

真偽値とは、何かの条件が成り立っているか(真)、成り立っていないか(偽)を表すために使われる値である。boolean型の場合、真を表すtrueと偽を表すfalseの2つのリテラル定数しか存在しない。とりうる値が非常に少ないことを除けば、boolean型をint型の整数値などと同様に考えてよい。つまり、boolean型は1ビットの整数を表す型であると捉えることができる。ただし、厳密にはboolean型は整数を表すものではないため、boolean型の値をint型の変数に代入したり、その逆もできない。 […続き]

今日のピックアップ記事

7しんにゅうてすと侵入テスト

侵入テストとは、セキュリティ上の問題を見つけ出すためのテストである。コンピューターやネットワークでは、外部からの不正侵入に対してセキュリティ性を確保する必要がある。そのためには、実際に外部からの侵入手段を実行しながら、安全性を確認する必要がある。また、不正侵入に対するテストだけでなく、サービス拒否攻撃への耐久度や、踏み台として利用されるリスクへのセキュリティについてもテストを実施する。企業などのセキュリティ対策として、このようなセキュリティのテストを専門的に請け負っているセキュリティ業者も存在する。 […続き]

今日のピックアップ記事

8しんらいせい信頼性

信頼性とはシステムやプログラムにおいて意図しない動作や挙動を示すことなく長時間・長期間にわたって一定の動作や挙動をし続けることができることを指す。とくに重要なシステムなどではその部分が重要になってくる。サーバーやプログラムなどでは処理能力などを犠牲にしてでも信頼がもてる方法をとる場合も多い。数世代前の技術やパーツ、ハードウェアやソフトウェアなどすでに不具合などが出尽くしたものだけを使用して信頼を担保する場合も多数ある。この場合想定される不具合などはすでに対策されておりまたさまざまな改良などもされているため安心して使用することができる。 […続き]

今日のピックアップ記事

9いろくうかんへんかん色空間変換

普段我々が使用するデバイスには、そのそれぞれに定められた色空間が存在する。色空間とは、そのデバイス上での色の表現を、数域や数値、図形などで表されたもののことである。例えば、デジタルビデオで使用されている色空間はYUV、PCでの色空間はRGBといったような色の表現の違いがある。そのため、これらのデバイス間を通り越してデータの交信を行う場合に必要になってくるのが色空間変換である。また、色相や輝度、明度のような色の基本的情報はそのもの固有のものであり、比較することは難しい、つまりデバイスに依存しない色空間である。 […続き]

今日のピックアップ記事

10じょうけんぶんきめいれい条件分岐命令

プロセッサが持つ命令のうち、条件により指定のアドレスにジャンプする命令である。C言語などの高級言語でif then構文で記述した部分が、機械語に翻訳されると条件分岐命令になる。プロセッサの中には、プロセッサの状態を格納するレジスタがあり、その中にフラグが用意される。プロセッサがこの命令を実行する際、そのフラグの状態により、指定されたアドレスにジャンプするか、ジャンプせずに次のアドレスの命令を実行かが決定する。パイプラインでは条件分岐の実行タイミングで既に次の命令を取り出しているため、誤動作を防ぐために遅延スロットなどの手法が用いられる。 […続き]

1 / 3912345...102030...最後 »

人気キーワードランキング 2019/03/24

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。