「ス」タグの記事一覧

今日のピックアップ記事

1すいれいぱそこん水冷パソコン

水冷パソコンとは、CPUなどのPCパーツを冷却するために液体の冷却水をパイプで循環させて用いるパソコン。一般的に、ファンを使用してPCパーツの冷却を行なう空冷式のパソコンが普及しているが、冷却時の大きな動作音、低い冷却効率、CPUで発熱量に合わせた大きさのファンが必要というデメリットがある。それに比べ、水冷パソコンは空冷と比較するとコスト面で高くなるが、冷却装置の動作音が静かで、冷却効率も高い。高性能のパソコンでは、発熱量が多くなるCPUなどを搭載しているため、冷却効率の高い水冷式の冷却装置を採用している水冷パソコンもある。 […続き]

今日のピックアップ記事

2すいへいどうきしゅうはすう水平同期周波数

水平同期周波数とは、ディスプレイの横方向ラインが1秒間にどれほどの速度で描画するかを表したもの。水平走査周波数、水平スキャンレートともいう。kHzという単位を使用する。ディスプレイの横方向のライン数を水平同期周波数で割ったものを垂直走査周波数、垂直同期周波数、または、リフレッシュレートと呼ぶ。垂直走査周波数は、画面を1秒間に書き換える回数を示す。高い水平同期周波数になればなるほど、解像度や同時発色数の設定範囲を広げることができる。2つのディスプレイ解像度が同一の場合、高い垂直走査周波数の方が画面のちらつきが抑えられる。 […続き]

今日のピックアップ記事

3すいへいどうきしんごう水平同期信号

水平同期信号とは、ディスプレイなどの画面で、映像や画像などの描画を切り替える際に水平方向の走査線のタイミングを決める信号。HSYNC(Horizontal Synchronizing signal)、H-Syncともいう。映像などがディスプレイ上に描画される場合、映像信号が画面上部の左から右へと水平方向に移動し、一つ下の行に下がり左から右へ繰り返し水平方向に移動する。その際、画面にずれが生じないようタイミングを計るのが水平同期信号である。水平同期信号の周波数を水平同期周波数または水平走査周波数と呼ぶ。 […続き]

今日のピックアップ記事

4すいへいじききろくほうしき水平磁気記録方式

水平磁気記録方式とは、磁気記憶装置における記録方式の一種で、磁気ヘッドの放射する磁界と記録面が水平になるような記録方式のことである。面内記録方式とも呼ばれている。ハードディスクの他、ビデオテープやカセットテープなど、古くから多くの磁気記憶装置に採用されている。磁気ヘッドから放射される磁界は、記録メディアの表面部分だけに影響するため、記録メディアには記録層だけあれば良く複雑な構造になることは無い。しかし記録データの長期的な保持に向かないこと、大容量化に限界があることから、近年では主に垂直磁気記録方式が採用されている。 […続き]

今日のピックアップ記事

5すいへいそうさしゅうはすう水平走査周波数

水平走査周波数とは、映像信号において1秒間に描画するライン数のことを言う。通常、数十キロヘルツであることが多い。たとえば、31KHzであれば、1秒間に31ラインの描画を行うことになる。かつて、ブラウン管が主流であった時代に、電子ビームを左右に振りながら、画像を描画していたことから走査周波数と呼ばれている。この周波数が高いほど、高速描画を行うため、ちらつきの少ない高画質を得ることが可能。本周波数を垂直ライン数で割ると、垂直走査周波数を算出することができる。垂直走査周波数は1秒間に表示されるフレーム数のことである。 […続き]

今日のピックアップ記事

6すいちょくどうきしんごう垂直同期信号

垂直同期信号とは、テレビやディスプレイの画像を描画するタイミングを取る信号のことである。水平方向に関しては、映像信号を描画する際に水平同期信号に基づき画像の左端から右端へ描画を行う。この水平方向の描画は、画面上部から下部に向かって1ラインずつ描画される。画面最下部まで描画完了すると画面最上部から再び描画を開始する。本信号は、画面最上部に戻るときに発生する信号である。表示デバイスは本信号の入力により、一画面の書き込みが終了したと判断し、再度上部からの書き込みを開始する。通常60Hz程度の周波数が使用される。 […続き]

今日のピックアップ記事

7すいちょくどうきしゅうはすう垂直同期周波数

垂直同期周波数とは、テレビやディスプレイにおいて1画面を描画する周波数のことを指す。映像表示装置は、画面上部から描画を開始し、画面下部へと描画を進める。画面最下部まで描画を完了すると、画面最上部から再度描画を開始する動作を繰り返す。多くのディスプレイは、1秒間に60枚の画像を描画するため、60Hzとなる。本周波数は、低すぎるとフリッカーと呼ばれる、画面がチラつく現象が発生してしまい、人間の目には不快である。よって、ある程度以上の周波数が必要とされるが、60Hzが必要最小限の周波数といわれている。近年ではフリッカーを軽減するために更に高速な周波数が使用されることもある。 […続き]

今日のピックアップ記事

8すいちょくそうさしゅうはすう垂直走査周波数

垂直走査周波数とは、テレビやディスプレイにおいて1画面を描画する周波数のことである。一般的に60Hzであることが多い。かつて、表示デバイスとしてブラウン管が採用されていた。ブラウン管では、水平走査周波数の速度で左右にスキャンしながら画像を描画し、画面上部から下部へとスキャンしてゆき、最下部へ到達すると最上部へ走査線を戻す動作を繰り返す。走査線が上下にスキャンすることから、垂直走査という言葉が使用された。現在もそのなごりで、カタログ記載にて、画面の1フィールドを構成する周波数のことを指す用語として持ちいらられることが多い。 […続き]

今日のピックアップ記事

9すいちょくじききろくほうしき垂直磁気記録方式

垂直磁気記録方式は、磁気ディスクへのデータ記録のための方法である。磁気の記録面に対して磁界が垂直に向かうように磁性体を置く方法である。これまでのハードディスクは、水平磁気記録方式を採用していた。しかし、この水平方向での方式では、記録密度を高めていくと記録のための領域が小さくなる。その結果、記録したデータを打ち消しあってしまうために、記録の密度を高めることができなかった。しかし、この垂直による磁気の記録方法であれば、記録の密度を高めたとしても磁気データが打ち消しあわず、むしろ互いに磁力を高めあう効果をもたらす。 […続き]

今日のピックアップ記事

10すわっぷとりひきスワップ取引

一般的には、等価であるキャッシュ・フローの取引、両者の間で合意された取引のことを言う。スワップ取引は、デリバティブ(金融派生商品)の一つであり、相場の変動による損失の回避や、効率的な運用を実現するために利用される。種類としては、金利、通貨、クーポン、エクイティス、コモディティなどがある。また、外国為替取引においては、直物・先物と両方の売買の組み合わせや、異なった期日による売買を同時に行うことを指す場合がある。これらについては、類似している通貨スワップと区別するためにも、為替スワップと呼ばれている。 […続き]

1 / 1312345...10...最後 »

人気キーワードランキング 2019/03/25

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。