「タ」タグの記事一覧

今日のピックアップ記事

1たちあがりえっじ立ち上がりエッジ

デジタル信号では、一定の周期で信号を送るクロック信号がHighとLowの2つの電圧間を行き来しする矩形波(方形波)またはパルスと呼ぶ波形を描いており、この波形上で電圧のLowレベルからHighレベルに遷移する箇所を「立ち上がりエッジ」という。立ち上がりエッジに対して、クロック信号の矩形波の波形のうち電圧のHighレベルからLowレベルに遷移する箇所を「立ち下がりエッジ」という。デジタル信号の矩形波から、信号周期においての、パルスの幅、立ち上がりエッジ時間、立ち下がりエッジ時間などを読み取ることができる。 […続き]

今日のピックアップ記事

2たちさがりえっじ立ち下がりエッジ

デジタル信号では、一定の周期で信号を送るクロック信号がHighとLowの2つの電圧間を行き来しする矩形波(方形波)またはパルスと呼ぶ波形を描いており、この波形上で電圧のHighレベルからLowレベルに遷移する箇所を「立ち下がりエッジ」という。立ち下がりエッジに対して、クロック信号の矩形波の波形のうち電圧のLowレベルからHighレベルに遷移する箇所を「立ち上がりエッジ」という。デジタル信号の矩形波から、信号周期においての、パルスの幅、立ち上がりエッジ時間、立ち下がりエッジ時間などを読み取ることができる。 […続き]

今日のピックアップ記事

3たんまつ端末

端末は、クライアントサーバにおいて、クライアント側に位置するもので、コンピュータを操作するためのユーザインターフェースに特化した機器やコンピュータ、ソフトウェアのことを指している。端末では、自分自身がなんらかの処理をすることがないため、自らは処理能力や記憶装置などを持っていない。実際の処理は、ユーザからの入力を、ネットワークを介してホストコンピュータに送信してサービスや処理の実行を行い、その結果を受け取って端末上でユーザに表示する。もともと大型汎用機の入出力機器であったが、今は入出力に特化してネットワークの向こうに処理を依頼する機器やソフト一般のことを指している。 […続き]

今日のピックアップ記事

4たんしゅくゆーあーるえる短縮URL

URLは、あるWebページを限定するためのものであるが、その長さがまちまちであり、URLによっては、とても長いものもあれば、中に入っている変数が複雑で間違いやすいものなどもある。そのため、リダイレクトなどを使って、元の長いURLに対して転送することで、短縮したURLを使うことができるようになっている。このURLを短縮URLと呼んでいる。本来は長かった元のURLを機械的に短くして利用している。短縮URLを提供することは、サービスとして行われており、そのサービスは「URL短縮サービス」と呼ばれている。 […続き]

今日のピックアップ記事

5たんたいてすと単体テスト

できあがったプログラムを検証する作業の中で、プログラムを手続きや関数といった個々の機能ごとに行うテストを単体テストと呼んでいる。単体テストでは、それぞれのモジュールごとにテスト行い、モジュールが自らの機能を正しく実行しているかを見る。単体テストでの不備の発見は、コーティングの段階での不具合ということになり、プログラム自体が書き直され、修正終了後、再度を単体テスト行うというサイクルとなる。単体テストにおいて問題が発生しなければ、次のステップである結合テストへテストフェーズが移されることになる。 […続き]

今日のピックアップ記事

6たんほうこうつうしん単方向通信

単方向通信とは、送信側から送られたデータを受信側が受け取るだけの通信方法で、片方のみのものである。そのため、送信側が受信したり、受信側が送信したりというような、入れ替わって双方向でデータをやり取りすることはない。例えば、片方向通信タイプのプリントサーバーの場合では、パソコン側からプリンタを制御し、印刷などの機能を実施することはできるが、プリンタに何らかのトラブルが発生した場合のエラーメッセージなどを受け取ることはできない。したがって、紙切れなどが発生しても、パソコン側はまったく気づかないことになる。 […続き]

今日のピックアップ記事

7たんせいどじっすうがた単精度実数型

単精度実数型は、プログラミング言語において、1つの数値を32ビットで表す浮動小数点数のことである。どの情報に何ビットを割り当てるかについては、いくつかの方法があるが、1ビットの符号部、7ビットの指数部、24ビット仮数部の表現が多く、これは、標準として広く普及しているIEEE... […続き]

今日のピックアップ記事

8たんせいどふどうしょうすうてんすうかた単精度浮動小数点数型

単精度浮動小数点数型は、プログラミング言語におけるデータ型の一つで、32ビット長の符号付きの浮動小数点数を表すための型のことである。言語によっては、ビット数が異なる場合もある。どの情報に何ビットを割り当てるかについてはいくつかの方式がある。一番多いのは、標準として広く普及しているIEEE... […続き]

今日のピックアップ記事

9だいにしゅつうしんじぎょうしゃ第二種通信事業者

第二種通信事業者は、第一種通信事業者から回線や設備を借りて通信サービスを行っている事業者のことで、自らは回線や設備を保有していない。そのため、第二種通信事業者には、警備会社やインターネットプロバイダ、各種情報サービス提供企業などが入っている。第二種電気通信事業は「特別第二種電気通信事業」と「一般第二種電気通信事業」の2つに分かれている。この特別第二種電気通信事業は、電話サービスや、国際通話サービスを公専公接続に提供する事業者が該当している。この名称は、2004年4月の電気通信事業法改正前の読み方で、今では、第一種と第二種の区分が廃止されて、1つの分類として扱われている。 […続き]

今日のピックアップ記事

10たんせいどじっすう単精度実数

単精度実数は、プログラミング言語において、1つの数値を32ビットで表す浮動小数点数のことである。どの情報に何ビットを割り当てるかについては、いくつかの方法があるが、1ビットの符号部、7ビットの指数部、24ビット仮数部の表現が多く、これは、標準として広く普及しているIEEE... […続き]

1 / 2212345...1020...最後 »

人気キーワードランキング 2019/03/25

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。