「ツ」タグの記事一覧

今日のピックアップ記事

1つうしんせいぎょそうち通信制御装置

通信制御装置は、Communication Control Unitのことで、略して、CCUと言われている。コンピュータシステムと通信回線を接続する装置のことを通信制御装置と呼んでおり、通信制御装置により、データの送受信を制御する。コンピュータ間は、常に通信があり、その信号の変換やエラーの検出などが行われている。通信制御装置は、コンピュータに内蔵されているのが一般的である。通信制御装置は、コンピュータと通信回線の間にあるため、すべてのデータの送受信をこの装置で制御することになり、信号の変換や誤り制御なども行っている。 […続き]

今日のピックアップ記事

2つうしんじぎょうしゃ通信事業者

通信事業者は、固定電話や携帯電話、プロバイダなどの電気通信サービスを提供する企業の総称である。通信事業者に関しては、電気通信事業法で細かく決められており、「電気通信事業者」と呼ばれている企業は、一般に、「キャリア」とも呼ばれている。通信事業者は、2011年1月に「電気通信事業者」という呼び方に統一されたが、それまでは、いくつかの分類がされていた。特に、2004年4月の電気通信事業法改正前は、「第一種通信事業者」と「第二種通信事業者」という2つに分かれていて、これらの違いは、通信に関するインフラを持っているかどうかによって異なっていた。 […続き]

今日のピックアップ記事

3つうしんてじゅん通信手順

今は、通信は、ネットワーク上で行われているのが通常であるため、データを通信する際には、決められた手順を踏むことになる。この手順や規約を通信手順と言っている。通信手順は、プロトコルのような決まり事で、まとめられている。ネットワーク上でデータをやりとりする通信において、その手順や規約などは、人間でいえば言語と同じことで、スムーズな意思疎通のためには不可欠なものである。この通信手段により、電気通信によるデータのやり取りがスムーズに行われる。2つのコンピュータ間では、言語がかならずしも、同じであると限らない。そのため、決まり事をつくり意思疎通ができるようにしている。 […続き]

今日のピックアップ記事

4つうしんぷろとこる通信プロトコル

通信プロトコルは、ネットワーク上でデータをやりとりする通信において、その手順や規約などをまとめたものである。この通信プロトコルにより、電気通信によるデータのやり取りがスムーズに行われる。いわゆる通信上の言語に値するものである。2つのコンピュータ間では、言語がかならずしも、同じであると限らない。そのため、決まり事をつくり意思疎通ができるようにしている。これにより、コンピュータ間での通信によるデータのやり取りをスムーズにしている。通信プロトコルでは、端末が通信する場合に際して、端末の選定や送信するデータの形式、パケットの構成、通信エラーの対処など、細かい設定が行われている。 […続き]

今日のピックアップ記事

5つうしんきやく通信規約

ネットワーク上でデータのやり取りをおこなう際、その手順や規約を決める必要がある。その規約のことを通信規約と呼んでいる。通信規約はデータの送受信を行うそれぞれのネットワークのさきにある、コンピュータが、お互いに理解できるデータで送ることで、正しい通信が行われることになる。そのためには、この2つのコンピュータの意思疎通を行う必要があり、それが通信規約になっている。通信規約では、通信されるデータだけでなく、端末に関する事項、パケットの構成、エラー時の対応等、細かい取り決めがあり、これらによって、通信がスムーズに展開されている。 […続き]

今日のピックアップ記事

6つうしん通信

通信は、情報のやりとりを行うことで、一般的には、電気的な手段を用いて行われる。送り手が情報を送り、また受け手が情報を受けるという動作である。電気的に行われている通信は、電気通信とよばれ、現在の通信の中心になっているものである。発信者が媒体にメッセージをのせ、通信手段、あるいは、通信路を用いて、受信者にメッセージを伝える。通信技術の中でも、どんな人間でも差別なく利用できるユニバーサルサービスは、今や、社会インフラの中心になっている。電気通信が一般的になる前には、通信は、手紙など、紙媒体を用いていたものが、国際的な郵便網として存在していた。 […続き]

今日のピックアップ記事

7つめこみてきすと詰め込みテキスト

詰め込みテキストとは、キーワード詰め込みともいわれ、ウェブ制作において、画像のalt属性やメタタグにキーワードを詰め込む行為を指す。SEO(Search Engine Optimization)の手法のひとつであるが、現在のサーチエンジンのアルゴリズムの観点からは、同じキーワードを何回も詰め込んだり、大量のキーワードを詰め込んだりするとスパム行為と判断される。メタのKeywordsは、現在においてはほとんどのサーチエンジンのアルゴリズムが評価の対象としていないためDescriptionやtitle属性にキーワードを詰め込む方法などもあるが、こちらも同様にスパム行為と判断される。 […続き]

今日のピックアップ記事

8つーるけんさくぼっくすツール検索ボックス

ツール検索ボックスとは、Internet Explorer 7以降の新機能で任意の検索プロバイダーを使用して、ブラウザーのフレームから直接インターネット内の検索ができるボックスである。これはアドレス・バーの右脇に設置されており、いちいち検索サイトを表示しなくても、探したい文字列を入力して素早くWebを検索できるようになっている。検索するのが便利ではあるが、検索ボックスのスペースが狭くなっているため、URLが長いと右側の部分が隠れてしまう。最近ではGoogleツール・バーなどのIE用アドオンに独自の検索ボックスが表示されていることが多い。こうしたアドオンを常用している場合は必ずしもIEの検索ボックスは必要ない。 […続き]

今日のピックアップ記事

9つりーそーとツリーソート

ツリーソートとは、並べ替えのアルゴリズムのひとつ。二分木を利用して、目的のデータを並べ替えることである。 […続き]

今日のピックアップ記事

10つりーこうぞうツリー構造

ツリー構造とはデータ構造の一つで、一つの要素(ノード)が複数の子要素を持ち、一つの子要素が複数の孫要素を持ち、という形で階層が深くなるほど枝分かれしていく構造のこと。図にすると次々に木が幹から枝、枝から葉に分岐していく様子に似ている。ツリー構造を構成する要素は、節(node、ノード)と呼ばれ、各階層のノード同士は親子関係を持ち、親のない最上位階層のノードを根(root)ノード、子のないノードを葉(leaf)ノードと呼ぶ。根以外のすべてのノードはただ一つの親を持つことになる。根から葉までの階層の数を「深さ」または「高さ」という。通常、図示する際には、最も根っこにあたる(現実の木とは逆に)根ノードを一番上に描き、下に向かって子や孫を配置していく。親子関係のあるノード同士は線で結ぶ。 […続き]

1 / 212

人気キーワードランキング 2019/01/16

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。