「テ」タグの記事一覧

今日のピックアップ記事

1でんわがいしゃ電話会社

電話会社とは、固定電話、携帯電話、IP電話などの電話通信サービスを提供する企業。1985年までは、日本電電公社(現NTT東日本、現NTT西日本)が国内通信、国際電信電話(現KDDI)が国際通信と2社で独占して電話事業を行なっていたが、1985年4月の通信自由化により、NTTの民営化や新規に長距離電話や国際電話サービスを提供する企業が参入した。1995年以降は、携帯電話の利用が大幅に拡大し、携帯電話会社も増加したが、企業の合併や買収などにより現在は、主にNTT系、KDDI系、ソフトバンク系が占めている。 […続き]

今日のピックアップ記事

2でんりょくせんつうしん電力線通信

電力線通信とは、電力会社の電力線を用いてデータ通信を行なう技術。PLC(Power Line Communications)、電力線搬送通信ともいう。数Mbps以上のデータ通信を高速電力線通信(高速PLC)という。電力線を利用して通信用信号の送受信を行なう電力線通信技術による通信のため、既存の送電網を活用でき、膨大なコストを費やして新しい通信用の回線を設置する必要がない。電力線インターネットの利用は、各建物の電気コンセントに電力とデータ用信号を制御する電力線モデムを設置し、モデムとコンピュータなどをつなげることでデータ通信の利用が可能となる。日本国内では、屋内のみ実用化され、利用が可能である。 […続き]

今日のピックアップ記事

3でんわかにゅうけん電話加入権

電話加入権とは、加入電話を契約する者が、NTT東西地域会社から与えられる加入電話を引く権利。加入電話契約時に、電話インフラ整備用の負担金である施設設置負担金を支払うと譲渡などが可能な電話加入権が与えられる。現在、施設設置負担金は36000円である。電話加入権の譲渡や承継、または売買が行えるため、加入権保有者が不要になり加入電話を解約した場合、直接他の人へその権利を売却したり、または、業者へ売却したものを新規利用者が買い取ることがある。加入電話契約時に施設設置負担金を支払わないプランもあるが、こちらのプランの場合、電話加入権の権利の譲渡などは行なえない。 […続き]

今日のピックアップ記事

4でんりょくせんいんたーねっと電力線インターネット

電力線インターネットとは、電力会社の送電線を利用してインターネットへ接続するサービス。電力線を利用して通信用信号の送受信を行なう電力線搬送通信(PLC)技術による通信であるため、既存の送電網の活用ができ、膨大なコストを費やして新しい通信用の回線を設置する必要がない。電力線インターネットの利用は、各建物の電気コンセントに電力とデータ用信号を制御する電力線モデムを設置し、モデムとコンピュータなどをつなげることでデータ通信の利用が可能となる。電力会社などが電力線インターネットの実現化を目指して研究をしている。 […続き]

今日のピックアップ記事

5でんりょくせんもでむ電力線モデム

電力線モデムとは、電力線網を用いる電力線通信(PLC:Power Line Communication)技術で通信する電力線インターネットに使用するモデム。PLCモデムともいう。電力線モデムは、電力とデータ用信号の制御を行ない、親装置と子装置が対にして用いる。電力線インターネットの利用には、親装置を用いて電力会社の電柱から引込線で各建物をつなぎ、電気コンセントに電力線モデムの子装置を設置し、コンピュータなどをつなげることでデータ通信の利用が可能となる。電機メーカーなどが電力線インターネットの実現化を目指して研究をしている。 […続き]

今日のピックアップ記事

6でんじぼうがい電磁妨害

「電磁妨害」はEMI(electro-magnetic interference)とも呼ばれ、電子機器が発生する通信用の電波や無線通信用に使われる高周波の電磁波雑音が、まわりの人間や他の機器や通信、放送に対して、何らかの影響を及ぼすことを言う。通信機能がない電子機器でも、装着された半導体のチップなどが電磁ノイズを発生していることがある。電磁波の雑音を抑えることや、影響を与えないようにすることをEMC対策というが、いまのところ障害の事例と認識されているものはあまり多くはないと言われている。現在は世界各国に於いてノイズを受けにくい、出さない製品が多数発売されている。 […続き]

今日のピックアップ記事

7でんじりょうりつせい電磁両立性

電磁両立性とは、電気機器が動作中に他の電気機器への電磁妨害波(EMI:Electro Magnetic Interference)を生じさせず、動作中に電磁妨害を受けても動作を続ける耐性。EMC(Electro-Magnetic Compatibility)、電磁環境両立性ともいう。電磁両立性が施されていない場合、周辺の電気機器からの電磁波や雷などの自然現象により、誤動作などの発生、人体への影響がある。そのため、電気機器自体に電磁妨害波(EMI)を抑制させ、他の電磁波による動作に影響を与えないよう電磁感受性(EMS:Electro... […続き]

今日のピックアップ記事

8でんじはとうちょう電磁波盗聴

「電磁波盗聴(Transient Electromagnetic Pulse Surveillance Technology)」はテンペストとも言われ、パソコンや周辺機器から出る微弱な電波から情報を盗み見る技術のことを言う。200Mh~1000Mhz広帯域アンテナを使用し、目的とする電子機器に向けることで、接続ケーブルやコネクタから発する復調可能な信号を拾い出すことができる。建物の外に露出している水道管や梁などが導電性素材の場合には、そこにリード線をつないで情報を盗み出すこともできる。電磁波はVCCI規格によって規制されているが、常に非常に弱い電磁波は漏れていて、ハードウエアなどの交換により規制値以上の電磁波を発生することがある。 […続き]

今日のピックアップ記事

9でんしめいし電子名刺

「電子名刺」とは、vCardとも言い、eメールに添付する個人情報や規格を言う。名前、会社名、所属、所在地、電話番号、メールアドレス、URLなどの情報について記載し、名刺の交換と同様の機能を持つ。マイクロソフト社のOutlook... […続き]

今日のピックアップ記事

10でんしはっちゅうしすてむ電子発注システム

「電子発注システム」はEOS(Electronic Ordering System)とも言われ、インターネットを活用した受発注システムを言う。スーパーマーケットやドラッグストア、ホームセンターなどの小売店店舗の発注業務の効率化に活用されている。各店舗での発注や仕入れ、請求などを、オンラインで結んだ小売店チェーンの本部や卸店のコンピュータで一括管理し、無駄のない効率的な発注をすることができる。今までの伝票や帳簿での管理と比べると、納品までの時間を短縮することができるだけでなく、請求業務なども効率的に行うことができる。 […続き]

1 / 4712345...102030...最後 »

人気キーワードランキング 2019/03/24

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。