「ヌ」タグの記事一覧

今日のピックアップ記事

1ぬるもでむヌルモデム

ヌルモデムとは、モデム等の装置を介さずに2つのコンピュータをケーブル接続する方法を指す。ヌルモデムで繋がったコンピュータやパソコンは、データ交換することが可能である。ストレートケーブルと呼ばれる通常の線は、パソコンとモデム等を接続する為に作られている。このケーブルを使ってパソコン同士を接続してしまうと、送信端子同士、受信端子同士という繋がりとなり、きちんとしたデータの送受信が出来なくなってしまう。しかしヌルモデムの場合は専用のケーブルを使っているので、同じ種類の機器同士でも、きちんとデータ交換をすることが可能となる。 […続き]

今日のピックアップ記事

2ぬるもでむけーぶるヌルモデムケーブル

ヌルモデムケーブルとは、ヌルモデムという手法で2つのコンピュータを接続する時に使うケーブルの呼称のことである。パソコンのシリアルポート同士、もしくはモデム同士という同じ形状の機器を繋ぐ為のクロスケーブルで、このケーブルを介すことによって送信端子と受信端子を交互に接続することが可能となる。通常使われているストレートケーブルでは、モデム等を介さず同種の機器同士を繋ぐことは出来ない。しかしヌルモデムケーブルを利用することによって、接続されたコンピュータ同士でデータの送受信をすることが実現出来るようになる。 […続き]

今日のピックアップ記事

3ぬるぽわーむぬるぽワーム

ぬるぽワームとは、コンピュータワームの一種で、ファイル共有ソフトのWinnyで形成されたトロイの木馬タイプのワームの通称である。正式名称は、Antinny.Aと呼ばれています。ぬるぽワームはピアツーピアのネットワークを通じて、様々なコンピュータに感染していく。対象となったオペレーティングシステムはWindowsで、実行ファイルをクリックしたことによって、感染活動を成功させるという仕組みとなっている。ぬるぽワームはコンピュータ内のデータを外部流出するという被害を起こし、2003年から2004年にかけて一部の官公庁や大企業でも社会問題となった。 […続き]

今日のピックアップ記事

4ぬるぽいんたーヌルポインター

ヌルポインターとは、変数等を格納する領域のうち、どのアドレスも指していないことを保証しているポインターのことを意味している。実際のプログラムやデータベースでは、その環境によって内容が異なる。しかし一般的には、0やランダムな値が取られることが多い。変数格納領域の宣言をして、その領域を確保していない場合には、ヌルポインターの変数に値を代入したりすることによって、エラーが発生することもある。プログラムやデータベースにおいて変数領域を確保するということは、最初に行う型宣言を含めて大事な作業のひとつとなる […続き]

今日のピックアップ記事

5ぬるヌル

ヌルとは、プログラミング言語やデータベースで使われる表現の一種。概念としては長さ0の空文字列のことで、「””」、「’’」、「0」、「null」という形で表される。この表記がしてあるということは、文字列の中には何のデータも含んでいないことを意味する。プログラムやデータベース内で数値を代入する際には、最初にヌルを入れることによって、その領域をクリアする手法を取ることが一般的である。もしくはプログラムを記述していく中で、何の数値も入力されていない状態や、それを表すコードの存在を意味している。ヌル文字は別名、ヌルキャラクタと呼ばれることもある。 […続き]

今日のピックアップ記事

6ぬるさいくるヌルサイクル

ヌルサイクルとは、プログラムが動作している中で、データ入力が行われていないという理由で処理が進んでいない状態のことを意味している。データの入力待ちも、ヌルサイクルにあたる。ヌルとは、空文字列という意味である。プログラム内に何のデータも送られていないということで、ヌルサイクルという言葉となっている。この他にヌルポインタというキーワードもあるが、これはデータ内のレコードやフィールドの位置を表すポインタの値が0となっている状態を指す。ヌルという言葉は、コンピュータやプログラムで多く使われる概念である。 […続き]

人気キーワードランキング 2019/01/16

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。