「ネ」タグの記事一覧

今日のピックアップ記事

1ねんりょうでんち燃料電池

燃料電池(Fuel Cell)とは燃料となる水素と酸素の電気化学反応を利用して電気を作る電池の一つである。一般に知られる水の電気分解の逆反応の原理を利用した電池であり、反応によって生成するのは水だけなので現在の化石燃料に取って代わるクリーン・エネルギーの一つとして有望視されている。従来の一次電池や二次電池は内部素材の活物質の量に制限があるために電気容量に限界のあるのに比べて、水素と酸素の電気化学反応を利用する燃料電池では燃料となる水素と酸素を正負各電極に補充し続けることで電気容量の制限なく放電を永続的に行うことが可能となる。酸素は空気中から供給されるのに対して水素供給については効率よく蓄積・運搬するなどの技術開発が進められている。 […続き]

今日のピックアップ記事

2ねつてんしゃぷりんた熱転写プリンタ

熱転写プリンターとは熱溶解性のある固形インクを塗布したリボンに、熱した印字ヘッドを用紙に当ててインクを溶解付着して印刷を行う方式のプリンターのことである。従来のインパクト・プリンターに比較して熱転写プリンターは印刷音が少ないこと、普通紙を使用できることなどの特徴があり、特にパソコン・ワープロなどの小型プリンターとして広く普及してきた。しかしインクリボンのコストが高価なため、現在では高速ラインプリンターなどの分野を除いて、小型化・高性能化・低価格化など技術的に成熟したインクジェット・プリンタが主流を占めるようになっている。なお消耗品であるインクもコスト軽減のため、廉価な交換用インクが開発されている。 […続き]

今日のピックアップ記事

3ねっとふうせつネット風説

ネット風説は、インターネット上で、特定の企業を毀損している情報のことをさしている。このネット風説は、ほとんどが、企業の株価操作のために利用されているといわれている。実際にネット風説により株価が下落した企業も少なくなく、これらの引き金になった要因のひとつにネット風説があげられることもある。このような風説は、一般的な掲示板で掲載されていることが多い。インターネットでは、このような風説を水際で止めることが極めてむずかしいため、第一報はどうしても流れてしまい、株価に影響を少なからず与えてしまう。証券取引法で定められている「風説の流布」の摘発対象になっているが、実際に立件できた案件は、きわめて少ない。 […続き]

今日のピックアップ記事

4ねっとべんけいネット弁慶

昔から「内弁慶」という言葉を良くきくが、ネット弁慶とは、この内弁慶をもじったインターネットスラングである。インターネット上では、強気の発言を、ブログや電子掲示板などで行い、居丈高な調子をみせているが、実際の生活は、小心ものでおとなしく、強気の発言どころか発言自体をしないといった人のことを冷やかしでネット弁慶と呼んでいる。インターネット上の発言は、匿名性が強く、本人の特定が難しいことから、ついつい強気の発言をしてしまうというあたりがその背景にはあるようにおもわれている。一般的にも普段よりも強気の発言をする人が多いのは、こういった条件にもとづくものであろう。 […続き]

今日のピックアップ記事

5ねっとじさつネット自殺

インターネット上で様々な情報がやり取りされるようになって、便利になった反面、犯罪でも利用されるようになった。そn代表的なものがネット上での犯罪の斡旋である。ネット自殺は、インターネット上の「自殺系サイト」や「自殺掲示板」といわれる情報サイトで、自殺志願者を募り、サイト上で知り合ったもの同士で自殺を図ることを指している。ネット自殺は日本においては、2000年代中頃から社会問題として取り上げられるようになった。自殺系サイトを通じて知り合い、そのまま自殺に至った案件は、2005年で34件も発生しており、そのうち、実際に自殺をしてしまった死者は91人にものぼっていると警視庁が発表している。 […続き]

今日のピックアップ記事

6ねっとしんじゅうネット心中

ネット心中は、ネット自殺とも言われ、自殺系サイトで、自殺希望者を募り、その募集に応じた男女が、実際に自殺を図るというものである。インターネットを介しているため、相手のことはほとんどわからない状態で心中が行われる。一人での自殺がさびしいといった理由で、ともに自殺をする人をサイト上で募っていることからこの呼び方がされている。「自殺掲示板」といわれる情報サイトもあり、多くの人がアクセスをしているという。最近では、自殺志願者を募集するだけでなく、自殺の予告をすることあり、警視庁等では、ネット犯罪撲滅の一環としてとりしまりの強化を図っているが、今のところさほど効果を挙げていない。 […続き]

今日のピックアップ記事

7ねっとちょくはんネット直販

ネット直販は、インターネットによって直接にメーカーが商品を販売する流通形態をさしている。メーカーがインターネット経由で自社製品を直接販売する形態においては、通常の流通と異なり、間を通る問屋などが介入しないため、流通コストをかなり削減することができる。また、初期投資が少なくてすむという点では新規参入が比較的容易なこともあげられる。また、小規模の市場であってもインターネットの強みを活かした全国展開ができることも大きなメリットひとつである。ネット直販で成功した例としては、パソコンメーカーのデルがまず上げられるだろう。現在では、パソコンに限らず、ありとあらゆる商品がネット直販を行っている。このモデルにおいては、既存の販売代理店との差別化を以下に上手に行うかがかぎとなっている。 […続き]

今日のピックアップ記事

8ねっとぎんこうネット銀行

ネット銀行は、実際の店舗をもたないで、インターネット上でのみえいぎょうをしている銀行を指している。インターネットに開設された銀行サイト上で、預金の管理である残高照会や入出金照会、口座振り込み、振り替えといったサービスを受けることができる。始点やATMをもっていないので、既存の銀行のねっとワークを利用して、入出金は行われる。そのため、店舗やATMの維持費や人件費がかからないというメリット活かし、既存の銀行に比べて振込手数料を安くしたりATM利用料を無料にしたりといったサービスを顧客に提供することで差別化を図っている。 […続き]

今日のピックアップ記事

9ねっとこうばいネット公売

インターネット公売は、地方自治体などの公的機関が、インターネットを通じて、国税徴収法に基づいて差し押さえ処分などを行った品の売買を公売することである。始まりは、2004年7月になる。公売とは、自治体や国が税金の滞納者から財産を没収して、オークションで売却して税の支払いにあてる仕組みだが、実際は、ものによっては、なかなか買い手が見つからない場合も少なくない。祖結果、低額での落札がおこるという問題が発生している。そのため、一般的なネットオークションに出展し、買い手を多く集めようというアイデアから生まれたものである。インターネット公売は、競売形式で行われることが多く、特にYahoo!オークションとの連携は有名になっている。 […続き]

今日のピックアップ記事

10ねっとわーくふかぶんさんネットワーク負荷分散

ネットワーク負荷分散は、Windows Serverの持つ負荷分散機能である。サーバー アプリケーションのスケーラビリティと可用性を向上することができるとされている。負荷分散の方法は、同じ機能を持つ複数のサーバにそれぞれのIPアドレスが設定されているが、別に共通のIPアドレスをこれらのサーバに割り当て、外部からのアクセスを均等に割り振る機能によって、スケーラビリティを確保する。最大32台で負荷分散を設定することができる。ネットワーク負荷分散を行うことで、サーバーのパフォーマンスを向上させ、次第に増大するインターネットベース... […続き]

1 / 1012345...10...最後 »

人気キーワードランキング 2019/01/16

は、Wikiではない専門家ライターによる執筆の辞書サイトで

国内最大級の記事数と品質を誇る辞書サイトです。